【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

11月末で廃止−8月31日休止

本紙掲載日:2018-08-01
1面
清算に至る経緯など話す十屋市長
11月末での廃止が決まった日向青果地方卸売市場

三セク・日向青果地方卸売市場

◆取扱高減−経営維持は困難

 日向市などが出資する第三セクター日向青果地方卸売市場(同市平岩、社長・十屋幸平市長)は31日、市場の卸売り業務を今月31日で休止し、11月30日をもって閉鎖・廃止することを発表した。大規模小売店による直接取引や生産者直売所に持ち込む農家が増え、市場を通さない取引が多くなり、野菜などの取扱高は年々減少していた。十屋市長は、事業清算に至る経緯を説明し「大変心苦しく、多くの皆さまの期待に添えない形になり申し訳ない」と陳謝した。

 同市場は、日向市や東臼杵の2町2村、JA日向などが出資し、平成10年9月に開場。市場取扱高は平成14年度の12億8000万円をピークに年々減少し、23年度には経営悪化した卸売業者に対して市場使用料を引き下げたが、それにより収支も悪化した。29年度には取扱高が3億5300万円まで減少し、市の補助金なしでは経営維持が困難な状況だったという。累積赤字は約4200万円。

 そのような状況の中、卸売業者のひまわり青果が、今年に入って同市場に業務撤退を申し入れた。時期については協議し、同社の6月の株主総会で8月31日をもって解散することを決議。同市場はこの状況などを踏まえ、事業の清算を決めたという。仲卸業者、買参人、出荷者など関係者への説明会は7月に行った。

 会見を開いたこの日、同市場は臨時株主総会を開催。ひまわり青果の解散と同時に市場の卸売り業務を休止し、その後は市場利用者への影響を考慮し、経過措置として仲卸業者による買い付け業務などは行い、市場施設の賃貸を11月末まで継続することを決めた。その間に、関係者には延岡市や都農町など、他地域の市場への移行を進めてもらう。

 市によると、市場は今後、農林水産関係の業者への売却を目指すという。

その他の記事/過去の記事
page-top