【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

出発を前に意気込み表明

本紙掲載日:2018-07-30
2面
笠江教育長に意気込みを話す「坂井・延岡ジュニア交流隊」の児童ら

坂井市で交流・小学生19人が教育長訪問−延岡

 姉妹都市の福井県坂井市で交流活動を行う延岡市内の小学生19人が26日、延岡市役所を訪問し、笠江孝一教育長に出発前の意気込みを語った。

 「坂井・延岡ジュニア交流隊」として31日から8月2日まで、地元小学生との交流を通じ、両市の歴史的つながりなどを学ぶ。

 延岡藩主だった有馬清純公が丸岡城主となって以来、明治維新まで8代にわたり治めたことが縁で、延岡市と丸岡町は丸岡築城400年に当たる昭和54年に姉妹都市を提携。その後、同町は周辺自治体と合併して坂井市となった。

 昭和63年以降、ホームステイによる交流を約20年にわたって行ってきたが、平成22年度から隔年ごとに小学5、6年生が相互に訪問。隊員は今回、坂井市の小学生との宿泊交流のほか、丸岡城や東尋坊などの名所・旧跡、恐竜博物館などの見学、化石発掘体験などを行う。

 引率者らと共に市役所を訪れた隊員は、笠江教育長に交流隊に申し込んだ理由や、坂井市で楽しみにしていることなどを発表。

 隊長の上米良颯太君(11)=東海東小6年=は「恐竜博物館で化石などを見ることが楽しみ。延岡のことを坂井市のみんなに伝えたい」と話した。

 笠江教育長は、「友達をつくりたいという人が多かったが、遠くに友達がいることは大変良いこと。笑顔で話し掛けると友達をつくりやすい。いろんな体験を楽しんで、元気に帰ってきてほしい」と激励した。

その他の記事/過去の記事
page-top