【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

豪へ町内中学生を派遣

本紙掲載日:2018-07-30
2面
派遣を前に一人ずつ抱負を述べる生徒たち

壮行会で抱負語る−門川町

 門川町内の中学生が、海外でのホームステイを通じて国際感覚を身に付ける同町中学生海外研修派遣事業の壮行会が27日、同町役場3階会議室であり、派遣される生徒10人が抱負を述べた。

 同町教育委員会は、英語力の向上や国際社会に貢献できる人材育成などを目的に、平成7年度から町内の中学2、3年生を対象に海外研修を実施。合わせて290人が参加した。

 今年は8月7〜16日までの10日間の日程で門川中の2年生3人と3年生7人をオーストラリアのメルボルン市へ派遣する。

 壮行会で久保廣良教育委員長は「言葉が分からない部分があっても、笑顔やジェスチャーで心は通じるものです。少しでも多くのことを見たり聞いたりして体験を楽しんでください。帰国後の土産話を楽しみにしています」と激励。

 安田修町長は「町の代表、日本の代表として、国際人の自覚と誇りを持って行動してほしい。思い切り夢を楽しみ、大きな花を咲かせてほしい」と呼び掛けた。

 生徒たちは、英語と日本語でそれぞれ自己紹介し、「たくさんの友達をつくりたい」「みんなといろいろなスポーツで交流したい」「英語が話せるようになりたい」などと決意表明。

 最後に派遣生徒を代表して門川中3年の盒況殿新が「私は将来、町に役立つ仕事に就きたいと考えています。そのために、研修を通じて高いコミュニケーション能力を身に付けたい。ホストファミリーや現地の人と積極的に交流し、日本の良さ、海外の良さ、そして文化の違いを学んできます。さまざまなことに自ら挑戦し、成長した姿で帰って来たい」と抱負を述べた。

 一行は滞在中、現地の家庭にホームステイしながら学校の授業に参加し、交流を深める計画。派遣生徒は次の通り。

 川越義仁、品部絢星、細矢こころ(以上2年生)岩倉飛夢、岡村幸揮、川瑠偉、斎藤梨沙、染田絢音、盒況殿拭∧椴媛典ぁ憤幣紕廓生)

その他の記事/過去の記事
page-top