【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

1万発花火に歓声−第42回まつりのべおか

本紙掲載日:2018-07-30
1面
1万発の花火が延岡の夜空を彩った花火大会

最後は3分間に3千発

 第42回まつりのべおかの花火大会が28日、延岡市で行われた。昨年より6千発も多い、1万発の花火を多くの市民が楽しんだ。台風12号の影響か、大瀬川沿いの大貫町堤防は風があって涼しく、花火も煙に隠れることもなかった。堤防付近からは、打ち上げられるたびに歓声が上がった。

 辺りが暗くなった午後8時から大貫町の対岸、古城町側の河川敷から打ち上げ。最初は音楽とライトがシンクロした「ミュージックスターマイン」で始まった。花火の中には、ハート形、猫やスマイル・ニコちゃんマークといったユニークな花火も打ち上げられ、観客を喜ばせた。

 中盤は、NHK大河ドラマ「西郷どん」の音楽に合わせて、島津家家紋の丸に十字型の花火、県内初となる江戸時代の赤い花火「和火」も打ち上げられた。

 最後の3分間は全員のカウントダウンで残りの3千発を打ち上げ。

 切れ目なく打ち上げられる花火に「うわー」「すごい」の歓声が上がっていた。

 会場は花火が始まる前から家族連れ、浴衣姿のカップルなどが続々と集まり、堤防に並んだかき氷やイカ焼きなどの出店には列ができ、河川敷ではシートを広げて花火が始まるのを待った。

 花火が始まると、スマートフォンやタブレットPCなどで撮影する人もいたり、花火の迫力に引き込まれて夜空の花火に見入る人などさまざま。圧巻のフィナーレに「良かったね」「すごかったね」と笑顔で話しながら家路に就いていた。

その他の記事/過去の記事
page-top