【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

生産2割以上増−霧島酒造

本紙掲載日:2018-07-27
3面
霧島酒造の志比田第二増設工場(同社提供)
ボタンを押して工場を稼働する江夏順行社長(右)と江夏拓三専務

志比田第二増設工場が稼働

 霧島酒造(本社・都城市、江夏順行社長)の志比田第2増設工場が26日に稼働を開始した。生産能力が2割以上向上し、さらに安定した生産体制や新商品開発の予備能力などを確保した。

 同工場は平成28年7月から、本社近くの志比田工場北側隣接地3万1984平方メートルに152億円をかけて建設。鉄骨5階建て、延べ床面積1万5485平方メートルの工場に、貯蔵タンクや焼酎かすリサイクルプラントも併設した。

 1日当たりの生産能力は一升瓶4万5千本分(アルコール25度換算)の約81キロリットル。主力商品の「黒霧島」や「白霧島」などを製造する。

 本社工場、本社増設工場、志比田工場、志比田増設工場を合わせた5工場(2製造場)で、サツマイモ425トンを使用した同22万本分、約405キロリットルの生産体制を確保。リサイクルプラントは本社工場のプラント同様に、焼酎かすから回収したメタンガスをボイラー燃料に活用する。

 竣工(しゅんこう)式で江夏社長は「品質維持・向上による競争力強化、市場への安定供給、雇用の創出を目指し断行した。きょうを一つの節目として一層努力していきたい」とあいさつ。江夏拓三専務と一緒にボタンを押して工場を稼働させた。

 同工場では8月から生カンショを用いた芋焼酎の仕込みを開始。今年は「黒霧島」の発売20周年に当たり、秋には新商品の発売も予定しているという。

その他の記事/過去の記事
page-top