【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

災害時どう動けばいいか

本紙掲載日:2018-07-24
6面
応急的な担架を体験する大王谷学園初等部6年生
ロープの結び方の指導も受けた

大王谷学園防災学習

 日向市大王谷学園(眇晃一校長)初等部のPTA(新名誠二会長)は21日、6年生95人を対象にした防災学習を行った。市内の防災士や市職員の協力で計画。児童たちはグループごとに分かれ、ローテーションを組んで学んだ。

 防災講話では市防災推進課の駒田一豊さんが、非常食のほか水3日分(1人1日3リットル)と、乳児や高齢者のおむつ、トイレットペーパー、生理用品、水を使えない時に重宝するラップを備蓄する重要性などを指摘。

 「災害が発生したらどうすればいいか、家族とは万が一に備えて待ち合わせ場所や避難場所などを月1回ペースで話し合って確認してほしい」と呼び掛けた。

 技術学習では、2本の竹の棒と毛布を利用した簡易担架の搬送や、ペットボトルを活用した食器作りなどを体験した。

 また、調理器具がない時に備え、ポリ袋に洗米した米粒を入れ、沸騰した鍋で加熱する調理法「パッククッキング」に挑戦。温めたレトルトカレーとともに試食した。

 山浦優太君は「災害が発生した時に自分がどう動けばいいかや、自宅に帰ってできることを学んだので、今後の生活に生かしたい」と話した。

 計画した新名会長(41)=大王町、会社員=は「今回の体験学習を通じて、災害が発生した時に子どもたちが実践できる力を養ってくれるとうれしい」と期待を寄せた。

その他の記事/過去の記事
page-top