【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

荒川と三浦、個人制す

本紙掲載日:2018-07-21
8面
第36回九州少年柔道大会個人戦で優勝した坂本柔道塾の(右から)荒川、三浦

第36回九州少年柔道大会

◆宮崎が団体総合優勝

 第36回九州少年柔道大会(九州少年柔道場連盟主催)が6月30日と7月1日、福岡県久留米市の久留米アリーナであり、坂本柔道塾(門川町)の荒川琉正が個人戦小学6年生男子軽量級の部で、三浦凰雅が同2年生の部で優勝した。2人とも昨年に続いての個人戦制覇。また、各県選抜選手による団体戦では小学1、2、4、6年生の部で頂点に立った宮崎県が総合優勝を果たした。荒川は団体戦優秀選手賞も受賞した。

 荒川は初戦を崩れ横四方固めで制した。その後も一本背負いなどで勝ち上がり、決勝戦で泰川燿(真柔会、沖縄)と対戦。一本背負いを決めて優勝した。準々決勝以外は全て一本勝ち。荒川は「一本を取れなかった試合もあった。しっかり最後まで一本を取りに行く柔道をして、来月の全国小学生学年別柔道大会で連覇したい」と話した。

 三浦は初戦を大外刈りで一本勝ちすると、その後も順調に勝ち上がり、同県勢の橋口颯汰(西都警察署)との決勝に進出。小外刈りで2度、技有りを取って優勝した。三浦は全試合一本勝ちするなど強さを見せた。「優勝はうれしい。他の大会でも優勝して3年生でも九州大会で優勝したい」と話した。

 団体戦は4部門で宮崎が優勝。1年生の監督を務めた坂本柔道塾の坂本敏宏塾長によると、近年、県全体のレベルアップに力を入れており、昨年は同大会で総合2位だったという。坂本塾長は「指導者たちは道場に関係なく皆で育てようという考え方を持ち、全体で一つの方向を向いている。宮崎の子供たちの中から世界で活躍する選手が出るという将来を考えた意識を持って指導していきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top