【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

チーム第一の主将が意地−聖心

本紙掲載日:2018-07-20
9面
9回、右中間に適時二塁打を放つ木原綜
9回、三塁内野安打を放つ上村

第100回全国高校野球選手権記念宮崎大会・サイド

 抜群のセンスを持ち走攻守で聖心の中心にいた上村は「(3年生)27人。一人もやめずに続けられたことはすごいことだと思う。それはキャプテンの力」。だからこそ最終回、どうしても木原綜につなぎたかった。そして、好機をもらった主将は、意地の右中間二塁打を放ち望みをつないだ。

 本来は投手の上村。ありあまるセンスで、遊撃手も兼ねる。一方、力のある選手がそろう聖心にあって、主将の木原綜は背番号4ながら、最後の夏は控えに回った。

 「一緒にノックを受けてきて、綜將(そうま)が悩んでいる姿は見てきた」と上村。そして「ずっとチームのことを一番に考えていたのも綜將だった」。

 劣勢の中の九回。前の試合の打撃で、右手親指を負傷し、トレーナーの竹吉恵幹さんをして、「普通の選手なら無理」。その状態の中、プレーを続けてきた上村が三遊間への内野安打、ヘッドスライディングでつなぐ。

 黒田も内野安打、1死一、二塁で打席に入った主将は「とにかく後ろにつなぐ」。右中間を破って、あわやという雰囲気を作った。

 上村は言った。「綜將の力でまとまり、みんなが一人ひとりの役割を果たしてくれた。だから、みんなを甲子園に連れて行きたかった」。木原綜は「やることはやっての結果だからしょうがない。来年こそ、甲子園に行ってほしい」。背中は見せた。

◇引っ張れる選手に−木原佑(2安打の2年生)
「ただただ悔しい。初回から捉え切れていれば。みんなを引っ張れる選手になって、甲子園に行く」

その他の記事/過去の記事
page-top