【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

成長したバッテリー・聖心

本紙掲載日:2018-07-20
9面
【準々決勝・聖心―日章学園】3回2死三塁、145キロの直球を左前に運ばれる聖心・戸郷

第100回全国高校野球選手権記念宮崎大会・サイド

 「勝たせてやれなくてすまん」―。試合後の円陣で、小田原斉監督から右腕をそっとなでられた戸郷。「もう一度、胴上げしたかった。申し訳ない気持ちでいっぱいになった」。また、涙があふれた。

 昨年、怖い物知らずで宮崎の夏を制した怪腕。甲子園で1勝と、上のレベルを味わい、より意識を高めた。1年経って変化球を2種類、ストレートの球速は平均5キロ増した。

 今季の課題とされた捕手も成長した。「このチームは捕手がよくなれば甲子園だ」。小田原監督の叱咤(しった)激励を受け続けたのは黒田。冬は一つずつのトレーニングで「これをやり切れば、正捕手になり甲子園に行ける」。

 特別な角度と抜群の球威を誇る戸郷のストレートとスライダー。日々の練習と試合で、体はアザだらけになり、腕もぱんぱんに腫れた。「赤木(昨年のレギュラーの優太)さんよりももっといい捕手になった」とは戸郷。2人でワンバウンドを止める練習も続けて、春には黒田が背番号2を手にして、県予選で優勝した。

 最後の夏。リベンジに燃えた日章学園が襲いかかる。初回、先頭に初球の144キロを右越えに運ばれると、二回以降は守りの細かいミスも絡んで、1失点ずつ。戸郷は「毎回立て直そうとしたが、積み重なってしまった」。

 九回にはダメ押しの2ランも浴びてまさかの6失点。黒田は「県ナンバーワンの投手が、取られるはずがない点数。自分の弱さがあった」。戸郷は「信じてワンバウンドを投げていれば良かったが、力が入り高くなった」とお互いをかばった。

 「練習でも指が痛くなり、受けるのも嫌になるほどの投手だったが、もう受けられないと思うと、さみしさ、悔しさしかない」と言ったのは黒田。

 戸郷は「(3年生)27人とやってきたことで成長できた。悔しいが、この経験を今後の野球人生で生かすしかない」。試合後、プロ志望届を提出すると明かした。

その他の記事/過去の記事
page-top