【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「隙間なく」異彩の堅守−富島

本紙掲載日:2018-07-19
9面
6回、2死一、二塁で相手5番を空振り三振に取った黒木将
5回、2死一、二塁から左中間二塁打を放った中川

第100回全国高校野球選手権記念宮崎大会・サイド

 九州屈指の右腕を打ち崩し勢いに乗った小林西打線を、富島の守りが零封。霤津亟篤弔蓮屮魁璽舛慮靴靴の習に耐えてきた守備。勝てたことが一番だが、ノーエラーが大きい」と納得の表情だった。

 センバツの悔しさを経て、チームで取り組んできた1点を許さない守備がさらに成熟。「ケースに応じて、位置を変えて隙間をなくす」(主将の中川)。50センチ単位で配置されたナインが、自ら考えてポジションを取った。

 支えられた主戦黒木将が快投。小林西に打たれた宮崎学園の主戦と比べ「スピードでは勝てない」。だが、「制球と緩急」。そして、マウンド経験と野手との連係が段違い。2死二塁になっても「もう一本打たれても点にはされない」。相手打線につけいる隙を与えなかった。

 序盤乗り切れなかった攻撃も五回は2死一、二塁で最も頼りになる中川が「しっかり最後までボールを見て、いい形で打てた」。変化球を左中間に運ぶ。

 七回は無死一塁から、黒木将。バントの構えから相手陣形の逆を付いて強行し、左翼線へ運んで、自らを楽にした。

 ミスから、展開が変わる試合が多い中、異彩を放つほどの堅い守り。中川は「これまでは、やってきたことを全部出し切ることができている。だが、気を抜いたらやられるので、またしっかり準備したい」。黒木将は「しっかりケアをして、また全部出し切りたい」。根幹の守りは3試合無失策。あと2勝、どこが相手でも十分に射程圏だ。

◇次も1点を大事に−松浦(攻守に3安打1打点)
「センバツ以降、課題とした守備に、自信を持ってつけている。(適時三塁打は)前の打席の好機で打てず、考えていた通りに体でしっかり反応できた。次も1点を大事に、終われば1点上回る」

◇単打はOK−黒田(好リード)
「(相手は)打撃で勢いに乗ってきたチームだったので、単打はOKで、配球した。次までケアや対策などやるべきことをしっかりしていく。好機で打てない4番はいらないので、打てるよう振りこみたい」

その他の記事/過去の記事
page-top