【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

“熱い”イベント盛りだくさん

本紙掲載日:2018-07-17
4面
大縄跳び大会で優勝した北方学園野球部A
会場には多くの出店が並んだ
INTIら3組のゲストがライブで祭りを盛り上げた
一夜明けた会場でごみを拾う北方学園の中学生と保護者

夏まつりきたかた−特設会場にぎわい創出

 「夏まつりきたかた2018」が15日、延岡市北方町の北方総合運動公園であり、町内外から家族連れなど約6千人が訪れた。同祭りは20年ほど前に一度途絶えたが、平成25年に町内の若者を中心とした有志の手で復活。今回で再開から6回目の開催となった。

 午後5時のオープニングセレモニー後に行われた大縄跳び大会には、少年スポーツチームなど8チームが出場した。

 決勝は、予選を1位で通過した北方学園ガールズA(バレーボールチーム)と、予選2〜4位による準決勝を勝ち抜いた北方学園野球部Aが対戦。一発勝負の決戦で23回を跳んだ北方学園野球部Aが見事優勝した。

 賞品のスポーツ店商品券1万円分を受け取った同チームキャプテンの盡祐悟君(小学6年)は「優勝できてうれしい。賞品は部の活動費にしたい」と喜びを語った。

 特設ステージでは、南米民族楽器とピアノを融合してアンデス音楽を奏でるユニットINTI(インティ)、シンガー・ソングライターikkyu(宮崎出身)、同じく瀬戸口恵(福岡出身)がライブ。恒例の花火の打ち上げもあり、お祭りムードは最高潮に達した。

 同実行委員会(緒方大輔実行委員長)手作りのフラッグガーランドで彩られた会場には、アユの塩焼き、たこ焼き、スイーツ類など25店の出店とアルコール類を販売するオフィシャルドリンクバーが軒を連ね、浴衣姿の人たちが列をつくっていた。


◆少しでも地元のために」一夜明け会場のごみ拾い−北方学園生ら

 祭りから一夜明けた16日、地元の小中一貫校「北方学園」(田代和浩校長)の中学生とその保護者約40人が、会場でごみ拾いを行った。

 祭り開催を前に、緒方大輔実行委員長の講話を聞いた生徒たちが、地元を愛する実行委員の熱意に打たれ、自分たちにも何かできることはないかと清掃奉仕作業を計画した。

 前日のにぎやかさとは一転、しんと静まり返った北方総合運動公園の一角で生徒たちはごみ拾いを開始。膝をついて額に汗を浮かべながら、飛び散った花火の筒などを一つ一つ丁寧に集めて回った。

 甲斐玲音君(1年)は「少しでも地元のためにと考えて掃除に来ました」、清水柚里さん(3年)は「お祭りはとても楽しかった。いつか自分たちの世代でもできれば」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top