【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

乱戦寸分の差で制す−延岡星雲

本紙掲載日:2018-07-16
8面
【2回戦・延岡星雲―延岡】3回、右前打を放った西森

第100回全国高校野球選手権記念宮崎大会・サイド

 延岡星雲が乱打戦を寸分の差で制し、2回戦突破。森純雄監督は「意地のぶつかり合いだったが、西村、林田がよく投げた。その差だ」と救援した2投手をたたえた。

 春以降、好調のチームを引っ張ってきた北林が今ひとつの出来。2回4失点でマウンドを降りた。だが、2年生西村の好救援と、好調な打撃で互角以上の展開に持ち込んだ。

 打っては西森、森の5、6番が勝負強かった。「来た球を打ってつなぐだけ」とは西森。五回まで3度、走者を置いた状況で価値あるシングルヒットを放ち2打点を挙げる。

 続く森は初回に適時打を放ち五回は無死一、二塁。「打てのサインで、監督が自分に任せてくれた。来た球をフルスイングした」。意気に応える左越え打で、決勝の7、8点目を奪った。

 粘り強く投げたのは西村。「先輩の分まで思い切り投げるつもりだった」。勢いに乗り切った延岡打線に対し、長身から角度ある直球と大きな変化球で応戦。ビッグイニングを許さず、5回を投げきった。

 最終回のマウンドは林田。「3年生に懸けた」という指揮官の期待を受けたが、先頭にストレートの四球。はらはらさせたが、本人は「これまでけがばかりだったので、少しでもチームに貢献したかった。重圧もあったが、(走者を)出したことで、切り替えられた」。

 「楽しもう」と自らに言い聞かせながら、懸命に腕を振って、最後は外野フライ三つで3回戦へ駒を進めた。

 続く相手はシード校の宮崎日大。西森は「緊張なく、チャレンジすること」。森は「強いが、まずは名前負けしないこと。チャンスはあると思っている」。主戦の不調を乗り越え、成長を感じさせたナイン。次は3回戦の壁に挑む。

◇危機感を持って−謀帖複完詑任裡曳屐
「前の試合で少し調子が出ず、今まで以上に振り込んで準備した結果。3年生を中心に危機感を持って戦えた。次は強豪が相手だが、反省を生かし、隙を見せずに挑戦したい」

その他の記事/過去の記事
page-top