【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ぼう然、まさかのコールド−日向

本紙掲載日:2018-07-12
9面
【1回戦・日向―日南】初回、二盗を狙った走者をタッチアウトにする日向・山口

第100回全国高校野球選手権記念宮崎大会・サイド

 まさかのコールド負けにぼう然とする日向ナイン。「この3年生となら、一緒に甲子園に行けると信じていた。100%の力を出させてあげられなかった自分の責任」。本薗義秀監督は涙ながらに声をかけ、主将の山口は「これまで助けられてきたクリーンアップ、エースの土工で負けたらしょうがない」と前を見詰めた。

 小技が効く1、2番が好機を演出。五回には一死から山口の強烈な三塁ゴロを相手が弾き出塁(記録は失策)すると、続く野村も「頼れる中軸につなぐ」と左前打を放つ。

 2死一、三塁として、主砲の秋實は「つくってくれたので、4番としてかえす」。2ボール1ストライクから右前にはじき返し、3点差に迫った。

 しかし、その直後にもミス絡みで失点。失策や四球が点につながり、打線も好機を作りながら残塁11を記録した。

 「流れが来そうだったが、引き寄せられなかった。物足りない」と語った秋實。「次の捕手は自分よりもうまいくらい。頼れる捕手を中心に勝っていってほしい」。山口は「ピンチでも盛り上げ、笑顔でプレーはできた。次の代はまじめに、謙虚に勝てるチームを目指してほしい」。思いを託すしかなかった。


◇夏勝てるチームに−野村(3安打の2年生)
「来年は自分たちが引っ張り、夏勝てるチームになる」

◇全部抑えるつもり−土工(先発したエース)
「全部抑えるつもりで、最初の三回を意識していたが、ビッグイニングをつくってしまった。盛り上がりはどこにも負けないチームだった」

◇力不足−星(主力打者)
「力不足。高めを振ったりして、相手を助けてしまった。2年生がこれまで支えてくれたので、これから本領を発揮し、一戦ずつ勝っていってほしい」

その他の記事/過去の記事
page-top