【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

島浦と海産物をPR

本紙掲載日:2018-07-10
2面
島浦の海産物を使った料理を楽しむ参加者

レストランでイベント−宮崎市

 延岡市の島浦町漁業後継者部(西口良満部長)による食のイベント「島浦FISHバル」が6月28日夜、宮崎市内の飲食店であり、来場者は新鮮な海の幸を満喫した。

 島浦町の存在と地元海産物を広く知ってもらおうと、国の離島漁業再生支援交付金を活用し、初開催の3月に続いて開催。和洋中約30種類を調理し、バイキング形式で提供した。

 ヒオウギ貝のパエリアやマダイの塩釜焼き、シマアジのたたき、あげみバーガー、メジナの冷しゃぶ、カンパチの大葉韓国みそ巻き、タイの冷や汁など、工夫を凝らしたメニューがずらり。今が旬の巻き貝は、島浦の海水で煮るなどこだわった。

 用意した50席は完売。宮崎市内から友人グループで参加した50代女性は「刺し身は新鮮だし、こんな立派なキビナゴは久しぶり。全部おいしくて魚好きにはたまりません。ぜひ、島浦にも行きたい」と喜んだ。

 後継者部の漁師も参加し、映像を交えながら巻き網漁や養殖の苦労話、だいご味などを紹介。西口部長は「企画に当たり、思っている以上に島浦の認知度が低いのを痛感しました。ですが、前回に続いて満席で反響が大きく、絶対にやって良かったと思います。少しずつでも島浦を知ってもらえたら」と期待を寄せた。

その他の記事/過去の記事
page-top