【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

500キロのみこしが巡行

本紙掲載日:2018-07-09
8面
雨が降る中、力水を浴びて威勢よくみこしを担ぐ男衆たち

須賀社で祇園祭り−日向

 家内安全や病気平癒などを願う日向市日知屋塩田の須賀社=すがのやしろ=(宮司=新名昭彦安之神社宮司)の祇園祭りが8日に行われた。あいにくの雨の中、鉢巻き姿で白装束に身を包んだ厄年の男衆らが、びしょぬれになりながら威勢よくみこしを担ぎ、氏子地区を勇壮に練り歩いた。

 同社は、京都府の八坂神社を本家とする安之神社の摂社で、主祭神はスサノオノミコト。祇園祭りは毎年7月の第2日曜日を恒例にしており、地元では「ぎおんさん」「やさかさん」と呼ばれるなどして親しまれている。

 今年は、中厄の伊勢巳午会(三樹平会長、63人)と入り厄の伊勢騎翔会(福田誠会長、59人)が交互にみこしを担いだ。

 担ぎ手たちは巡幸を前に伊勢ケ浜で海中みそぎを行った後、同神社に集結。約500キロのみこしを境内から担ぎ上げ、「オーサイナ」などの掛け声に合わせて、総延長約15キロの巡幸に出発した。

 沿道では、みこしが来るのを待ち受ける人や、一緒に移動する入り厄、中厄の人たちが、バケツに入った力水を浴びせて盛り立てるのが習わし。男衆は行く先々で水しぶきを浴びながら、時折激しく降る雨にも負けずに巡幸を全うした。

 途中で立ち寄った11カ所のお旅所では、神楽を奉納したほか、地域の人たちから手厚い接待を受け交流を深めた。

その他の記事/過去の記事
page-top