【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

正しいチキン南蛮とは

本紙掲載日:2018-07-09
6面
手作りのチキン南蛮を手に記念撮影

発祥の地で料理教室

 7月8日はチキン南蛮の日。延岡発祥チキン南蛮党(永野時彦党首)主催のチキン南蛮料理教室が同日、延岡市の旭小学校家庭科室で開かれた。市内外から約30人が参加し、党員の手ほどきを受けながら正しい作り方を学んだ。

 同党は平成21年に設立した市民団体。宮崎を代表するご当地グルメ・チキン南蛮と発祥の地である延岡市、さらにチキン南蛮以外の延岡の食を全国にアピールし、市外からの観光客誘致や地域活性化につなげようとPR活動を続けている。

 料理教室は昨年に続いて2回目。永野党首は「発祥の地だからこそ、ちゃんとした正しいレシピでこの郷土料理を伝えなくてはならない。楽しみながらおいしいチキン南蛮の作り方を習得し、家庭やパーティーで活用してほしい」とあいさつ。

 参加者は説明に従って、野菜を切り、調味料を合わせて味の決め手のタルタルソースと甘酢を作った後、鶏肉を油で揚げる作業に挑戦した。

 小麦粉をまぶした後、とき卵にからませる正しい手順、180度の油で5分から10分揚げ、熱いうちに甘酢に漬け込むなど、おいしい作り方が伝授された。

 最後に皿に盛り付け、タルタルソースをかけて完成。全員で記念撮影の後、味わった。福岡市出身で、延岡市に単身赴任中の公務員石橋成光さん(47)は「甘酢のおいしさが南蛮のおいしさのポイント。弁当は自分で作っているので、おかずのレパートリーが増えました」と喜んでいた。

その他の記事/過去の記事
page-top