【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新入幕だ!頑張れ−琴恵光物語(10)

本紙掲載日:2018-07-07
1面
琴恵光延岡後援会の事務所で充隆少年の思い出を話す柳田さん

延岡JCの元理事長・柳田英明さん

◆よく頑張ってくれた−おめでとうの一言に尽きる

 「小学5年生の時と6年生の時に充隆君もこの大会に参加していました。とびきり強かったのを覚えています」

 今年6月3日、延岡市の勤労者体育センターで行われた第17回わんぱく相撲大会。子どもたちの熱戦を裁く審判員として参加した柳田英明さん(54)は第1回、2回大会を思い出してそう話した。

 柳田さんは大会を主催する延岡青年会議所の元理事長。平成15年に充隆少年が優勝し、全国大会へ出場した第2回大会では大会会長を務めた。

 わんぱく相撲は平成14年、延岡青年会議所の主催で始まった。充隆少年は第1回大会では5年生の部で、第2回大会では6年生の部で優勝し、2年連続で全国大会に出場。5年生の時には初戦で敗れたが、6年生の時にはベスト8に進出する活躍を見せた。3、4回戦を勝ち抜いて決勝に残った時には、充隆少年の両親と手を取り合って喜び合った。

 その姿が佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)の目に留まり、角界入りへのきっかけになった。もちろん、そのことは柳田さんは知っている。

 「プロがどんな基準で見ていたのかは分かりませんが、『足腰の粘りがいいね』と褒めてもらったと聞いています」

 平成19年2月18日、出立前日に開いた壮行会は柳田さんらが企画した。「二度と帰って来られないぐらい盛大に送り出してやるぞ、という勢いでした。その時は『じいちゃん(元十両力士の松恵山さん)に追い付いてくれればすごいよね』という気持ちでしたが」

 しこ名は、琴柏谷から琴恵光に変わり、十両に上がる直前の平成26年9月、琴恵光延岡後援会(稲田義美会長)の幹事を頼まれた。青年会議所時代には充隆少年の父・正倫さんと一緒に汗を流し、「わんぱく相撲全国大会」で感動を分かち合ったこともあり、快く引き受けた。

 後援会発足から、もうすぐ4年がたつ。

「その間の成長は目を見張る物があります。勝てない時期もありましたが、体 もできて相当な力を付けてきた。昨年の暮れには、『必ず幕内入りする』という自信を持っていました」。力強い成長に目を細める。

 わんぱく相撲の全国大会で見守った少年が、今度は大相撲の幕内力士として土俵に上がる。「送り出した当時は想像もしていなかった。よく頑張ってくれた。おめでとうのひと言に尽きます。今は地元が中心の盛り上がりですが、柏谷さんのお店では、琴恵光の実家を目当てに市外からのお客さんも増えているそうです。県内全域に人気が広がる日も遠くないはず」。

 県民挙げての応援に期待を寄せた。

その他の記事/過去の記事
page-top