【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ひむか本サバフェア始まる

本紙掲載日:2018-07-04
2面
ひむか本サバの刺し身など新鮮な魚介料理が並ぶ「づくし御膳」

8月31日まで−延岡

◆うみウララエリアの5店舗

 延岡市のうみウララエリア(北浦・南浦・島野浦)で1日から、県水産ブランド魚「ひむか本サバ」を使った料理を提供する「うみウララひむか本サバフェア」が始まった。エリア内の参加5店舗が8月31日までの期間中、丼物や押しずしなど各店オリジナルの「食べくらべ膳」、サバ丸ごと1本を使う「づくし御膳」で同エリアの新鮮な魚介類の魅力を伝える。

 フェア開始を前に、参加店舗の一つ「料理処丸金」(北浦町市振)で6月29日、お披露目会が行われ、山本一丸副市長、延岡観光協会の谷平興二代表理事、国交省延岡河川国道事務所の田浦峰星所長、のべおか若鮎レディの橋本ゆり香さんが「づくし御膳」を試食した。

 睚新鮴づ皇垢ら、ひむか本サバの刺し身やたたき、幽庵焼き、カンパチのあら煮、カサゴの空揚げなど各料理の説明を受けた4人は、早速、実食。「(本サバ)のコリコリとした食感がすばらしい」「いくらでも食べられる」と絶賛する言葉が並ぶ中、山本副市長は「ひむか本サバというブランド素材にその良さを生かす調理技術が加わり素晴らしい料理になっている。市内外の方に食べていただき、『延岡』を満喫してもらいたい」とフェアに期待を寄せた。

 ひむか本サバフェアの参加店舗は料理処丸金(北浦町市振電話延岡45・2067)▽お食事処臨港(同電話延岡45・3571)▽潮香ノ宿睚寝亜米姥店湘渡単箍45・3191)▽お食事処さとう(同電話延岡45・2077)▽道の駅北浦レストラン海鮮館(同・電話延岡45・3811)。価格は「食べくらべ膳」が2200円、「づくし御膳」が3800円(いずれも税込み)で予約が必要。

その他の記事/過去の記事
page-top