【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新入幕だ!頑張れ−琴恵光物語(1)

本紙掲載日:2018-06-26
1面
幕内昇進が決まり延岡後援会が祝いの花火を打ち上げた大貫町の畑であいさつする琴恵光関の両親、左から柏谷正倫さん、多美さん

父正倫さん、母多美さんの話

◆3人きょうだいの末っ子−祖父譲り?「小さいころから足速かった」

 琴恵光関の幕内昇進が決まった。両親ら家族、実家のある山下新天街、そして延岡市、県北、県内と喜びが広がっている。岡富中の卒業式を前にした平成19年2月、後に琴恵光になる15歳の柏谷充隆少年は角界入りを決意、ふるさと延岡を離れた。それから11年。充隆少年は精進を重ね、県内では44年ぶり、県北からは51年ぶりの入幕を果たした。琴恵光関のこれまでを周囲の談話でつづる。

 琴恵光関の柏谷充隆さんは平成3年11月20日、延岡市山下町でちゃんこ松恵を営む父正倫さん(54)と母多美さん(55)の末っ子として生まれた。

 正倫さんの父・邦治さん(平成13年に73歳で他界)は大相撲立浪部屋の元十両力士。引退した後、帰郷して昭和34年にちゃんこ松恵を開業した。正倫さんは邦治さんの長男で同店の二代目だ。

 上には三つ違いの兄・侑希さんと、二つ違いの姉・朋美さんがいる。どこへ行くにもお兄ちゃん、お姉ちゃんの後を付いていく弟で、「上の子が柔道や相撲に行くと言えば、『僕も』という流れで付いていく。どの時点から正式に始めたかというのは線引きが難しいですね」と正倫さん。

 どちらも、知らず知らずのうちにのめり込んでいったという。「ですが、通った分だけどちらの道場でもかわいがってもらった。周囲に育ててもらった面は大きいですね」と振り返る。

 今でこそ身長177センチ、体重139キロ。太い骨格と筋肉に包まれた琴恵光関も、幼いころは気管支ぜんそくに悩まされた。枕の脇に洗面器が欠かせないこともあったという。だが、柔道や相撲に打ち込んでいた成果か、小学校に入学するころにはぜんそくも治まり、3、4年生にもなると体は大きく、身体能力も伸びてきた。

 「祖父(邦治さん)の血でしょうか。私たち親は、運動神経はそれほどでもないんですが、(充隆少年は)小さい頃から足が速く、中学まで運動会ではリレーの選手に選ばれていました」と正倫さん。

 大相撲への道が開けるのは小学6年生のとき。当時現役力士だった琴乃若関(現佐渡ケ嶽親方)が、突然、自宅を訪ねてきた。青天の霹靂(へきれき)だった。

その他の記事/過去の記事
page-top