【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

盆景できました

本紙掲載日:2018-06-25
9面
オリジナル盆景を作った方財小5、6年生

方財小ものづくり体験−延岡

 県職業能力開発協会は20日、延岡市方財小学校(内村浩二郎校長、41人)で「ものづくり体験教室」を開いた。5、6年生15人が参加し、盆景(ぼんけい)作りに挑戦した。

 厚労省の若年技能者人材育成支援等事業の委託で実施。同省に認定された技術者「ものづくりマイスター」により県内の小・中学校で行われている。

 方財小が申請した職種は造園。ものづくりマイスターで延岡市下伊形町の重黒木省三さん(70)が指導し、同市野地町の甲斐睦章さん(58)がサポートした。

 盆景とは、お盆の上に土や砂、石、コケ、草木などを配置し、庭園、盆栽、生け花と同様に、自然の美を描く立体造形芸術。

 子どもたちは、縦20センチ、横30センチほどの小さな鉢に土を詰め、松や紅葉の枝、石や流木、コケの配置を考えながら並べた。霧吹きで土の汚れを落とした後は、海や川を表現するための白色の寒水石を敷いて完成させた。

 重黒木さんは「お米のとぎ汁をあげると緑が濃くなります。水は週に1回くらいはあげてください。管理次第では何十年も持ちます。頑張って育ててください」とアドバイスした。

 6年生の南波春平君は「木を植えたりコケを付けたりするのが難しかった。持ち帰ったらリビングに飾ります」、今西詩音さんは「木と石のバランスを考えながら作るのが楽しかった」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top