【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

タクシー運転手・高見さんに署長感謝状

本紙掲載日:2018-06-14
3面
署長感謝状を受け取った盡さん

走行中に不明者発見し保護−延岡署

 延岡警察署(時任和博署長)は13日、行方不明の男性を発見し保護した延岡市北方町の延岡グリーンタクシー勤務の盡幸子さん(62)に署長感謝状を贈った。

 同署によると、男性は今月9日午前11時ごろ行方が分からなくなり、警察には同日午後5時10分ごろ届け出されたことから、捜索を開始。タクシー会社や郵便局など行方不明者の捜索や見守りに協力する関連企業、団体に「SOSネットワーク」を通して協力を要請。署員約30人態勢で捜索していたという。

 盡さんは勤務中の同日午後8時20分ごろ、運転するタクシーに客を乗せて市内を走行中に男性を発見した。就業前のミーティングで報告のあった男性に服装や身体的特徴が酷似していたことから、乗客の了解を得て停車した。

 高見さんは、タクシーを降りて男性に「どちらに行かれるんですか」と声を掛けたが、男性に名前を尋ねるなどしたもののはっきり答えなかったことから会社に連絡、警察官が現場に到着するまで男性を保護するなどの適切な措置を講じたという。

 男性は市内のグループホームの入所者。車椅子で移動しており、高見さんが発見した場所は施設から約2キロ離れた所だった。

 署長感謝状贈呈式で盡さんは、「当たり前のことをしただけです。今後も情報が来たら安全に注意しながら周りに注意したい。けがが無くて本当に良かったです」と話し、時任署長は「引き続き市民や関連企業、団体の協力をお願いしたい。本当に感謝しています」とお礼を述べていた。

 同署によると、県内の行方不明者はこれまで283人(前年同時期274人)となっている。

その他の記事/過去の記事
page-top