【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

7月から全6回−公開講座の受講生募る

本紙掲載日:2018-06-07
2面

研究内容など地域に還元−九保大

 九州保健福祉大学(盧裄探欒慊后砲錬祁遒ら12月まで、延岡市吉野町の同大学F講義棟で「第18回九州保健福祉大学公開講座」(全6回)を開く。大学の知的財産や研究内容などを地域の人たちに還元、交流をさらに深めようと毎年開催。現在、受講生を募っている。

 保健科学部の教員らが講師を務め、月1回のペースで土曜日に開催する。時間は午前10時から正午まで。全講座を受講した人には修了証書を授与する。

 定員200人。受講料(資料代含む)は大人2000円、高校生以下500円。

 申し込み締め切りは7月20日(必着)。希望者は必要事項(郵便番号、住所、氏名・ふりがな、年齢、電話番号)を記入して、往復はがき、ファクス、Eメール九州保健福祉大学公開講座委員会事務局(〒882―8508延岡市吉野町1714の1九州保健福祉大学庶務課内、ファクス0982・23・5530、Eメールkuhwsyomu@office.jei.ac.jp)で申し込む。往復はがきの場合は返信用はがきに返信宛先を、Eメールの場合は件名に「公開講座申込」と記入する。受講者には「公開講座に関するご案内」を送付する。

 問い合わせは、同事務局(箟箍23・5555)。

 講座の日程は次の通り。

▽第1回(7月28日)=開講式と講座「暮らしに影響を与える眼の病気〜目の健康寿命を延ばすため」(齋藤真之介視機能療法学科助教)▽第2回(8月25日)=講座「認知症と健口との関係」(中村真理子言語聴覚療法学科教授)▽第3回(9月29日)=講座「口の機能を高めよう」(原修一言語聴覚療法学科教授)▽第4回(10月20日)=講座「エビデンスに基づく健康気圧療法へのアプローチ」(右田平八臨床工学科准教授)▽第5回(11月17日)=講座「おいしい減塩食」(竹澤真吾臨床工学科教授)▽第6回(12月15日)=修了式と講座「骨関節疾患と生活の工夫〜骨粗しょう症・変形性関節症・腰痛について」(立石修康作業療法学科教授)

その他の記事/過去の記事
page-top