【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

定置網に巨大カジキ−延岡市浦城港

本紙掲載日:2018-06-07
1面
延岡市の浦城港に水揚げされた全長3・8メートルのシロカジキ。左が岩切社長

全長3・8メートル、重さ253キロ

 全長3・8メートル、重さ253キロの巨大カジキが7日、延岡市浦城港に水揚げされた。胸びれの特徴などからカジキ類で最大となる「シロカジキ」とみられている。

 同市浦城町の延岡水産開発(岩切幸久社長)が、南浦の沖合約2キロに仕掛けた大型定置網にシイラやアジなどと一緒に入った。逃げようと暴れていたが、尾びれにロープをかけて弱らせながら約30分かけて船に引き上げたという。

 カジキが船倉からクレーンでつり上げられると、港に集まった漁業者もあまりの大きさにびっくり。剣のように鋭く伸びた上顎は長さ約70センチ、胴回りは1・5メートル以上もあり、「こんな大物は二度とお目にかかれない」と携帯電話で写真を撮っていた。

 岩切社長は「昨日から潮流が早く、マグロが入るのではないかと期待していた。まさかこんな巨大なカジキが入るとは思わなかった」と話し、45年を超す漁師歴で初めて見た大物に興奮気味だった。

 宮崎大農学部海洋生物環境学科の村瀬敦宣助教によると、胸びれが固定されていて動かないように見える、体側にしま模様がないなどの特徴からシロカジキとみられるという。インド・太平洋の暖かい海域に分布する大型のカジキで、県北では「シロカワ」とも呼ばれる。

 水揚げされたカジキは8日の競りにかけられるという。

その他の記事/過去の記事
page-top