【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

琴恵光、幕内昇進

本紙掲載日:2018-06-25
1面
琴恵光入幕決定を受けて、実家前では延岡後援会によるセレモニーがあった。くす玉開披などで盛大に祝った

東前頭14枚目、堂々の快挙

◆県内44年、延岡市51年ぶり

 県内からは44年ぶり、延岡市内からは51年ぶりの幕内力士が誕生した―。日本相撲協会は25日、大相撲7月(名古屋)場所の新番付を発表し、延岡市出身の琴恵光(佐渡ケ嶽部屋、柏谷充隆さん)は、東十両2枚目から東前頭14枚目に昇進した。延岡市内では祝いの花火、くす玉開披など、後援会関係者やファン、近所の人らが集まって琴恵光の昇進を祝うなど、喜びの朝となった。

 琴恵光幕内昇進を受けて、実家の延岡市山下新天街にある「ちゃんこ松恵」前では昇進を祝うセレモニーがあった。近くの園児たちらも参加してくす玉開披があり、盛大に昇進を祝った。

 両親の柏谷正倫さん(54)、多美さん(55)は大勢の人の祝福に笑顔でお礼、セレモニーに参加した人らと共にわが子の出世を喜んでいた。

 県内出身者の入幕は、昭和49年の元関脇金城(高鍋町出身=本名金城興福さん)以来、延岡市からは昭和42年の元小結羽黒岩(戸田、柚の木田町出身、本名戸田智次郎さん)以来、51年ぶりという快挙。

 琴恵光は岡富中学校を卒業した平成19年2月、15歳でふるさとを離れ、翌月の3月場所で初土俵。序の口で一番出世を果たした。

 十両へは平成26年9月に県内出身力士としては32年ぶりに昇進、その後、2度幕下に転落したが、28年7月場所に再々十両となり、その後は、安定して十両を維持。さらに、今年に入ってからは3場所連続で勝ち越すなど地力をつけ、3月場所10勝、東十両2枚目の5月場所は11勝と大勝ち、連続二桁勝利を挙げていた。

その他の記事/過去の記事
page-top