【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

朱扇会日本舞踊公演−延岡

本紙掲載日:2018-06-05
7面
義太夫「団子売り」で夫婦を演じる幹太会主と達真会主。2人に見守られながら初舞台を踏んだ千夏ちゃん
義太夫・清元「吉野山」の花柳達真さん(左)と晴間進さん
公演の最後に行われた餅まき
大勢の観客が訪れた

県内外から出演華やかな舞

 朱扇会(会主・花柳幹太、花柳達真)の日本舞踊公演が3日、延岡総合文化センター大ホールで開かれた。所属する2〜84歳の約40人が古典や新作舞踊など31番組を披露した。

 花柳幹太会主が、延岡市で初めて花柳流専門部の資格を取得してから50年の節目を記念して開催。同市では6年ぶりの公演で、東京や大阪など県内外の会員も出演した。

 あでやかな衣装を身にまとった演者は、桜が満開の里山や、江戸時代の町並みなどを演出した舞台で舞った。

 フィナーレの「団子売り」は、義太夫の華やかな演奏とともに餅屋台を担いだ杵蔵とお福夫婦が仲良く軽快に踊る。花柳幹太会主と花柳達真会主が熱演。

 幹太会主の孫の中原千夏ちゃん(2)も登場し、初舞台で団子をせがむ茶屋の娘を演じた。かわいらしく一生懸命な姿に大きな拍手が送られた。

 京都から訪れた達真会主の弟子の梅嘉さんは「皆さんが熱心に稽古してきたのが伝わってきて、私も頑張らないといけないと、いい刺激をもらいました」。大阪から来た孫弟子の武田喜美代さんは「衣装、舞台装置、踊りの全てが素晴らしかった」と感動していた。

 節目の年を迎えた幹太会主はカーテンコールで、さまざまな人に感謝の気持ちを伝え「これからもご指導ご支援をよろしくお願い致します」とあいさつ。初舞台を終えた千夏ちゃんは「ドキドキしたけど、うまくできました」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top