【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地元料理とワイン味わう

本紙掲載日:2018-06-02
8面
提供された9種類の料理
地元料理と国産ワインを楽しむ参加者

のべおか地活コップ

 地元の料理と国産ワインを味わう「のべおか地活コップ2018」が20日、延岡市大貫町のかわまち交流館であった。約120人の参加者が、地元の食材生産者と料理人によるコラボ料理と全国各地のワイナリーから寄せられたワインを堪能した。のべおか地産地活クラブ主催。

 弁当箱の中は、仕切りで9升に分けられ、それぞれに「メヒカリの天ぷら和ソース」(提供・魚甚閣常若)「桜舞カンパチ中華風あんかけ」(同・潮香ノ宿睚寝亜砲覆稗梗鑪爐領鼠が用意された。

 この日は、県内をはじめ大分、滋賀、山形、栃木の8醸造所からワイン8銘柄が持ち込まれ、参加者は各料理とともにワインをミニサイズのコップで吟味。席を共にした生産者や料理人、ワイナリー代表者らと酌み交わしながら、味の感想を伝えたり、造り方を尋ねたりする姿が見られた。

 北方町で斧農園を経営する斧康弘さん(47)は「今回は純粋に食べる側で参加させてもらいました。料理とワインがしっかり合っていておいしい。延岡の生産者による新鮮で豊富な食材、それを生かす料理人の技術、どれもすごいと感心しました」と話した。

 のべおか地活コップは、国内ワイナリーが集まり全国各地で国産ワインの魅力をPRする「コップの会」と連携したイベント。延岡での開催は3回目。

 今回、赤ワイン「安心院メルロー・リザーブ」を提供した安心院ワイナリー(大分)の松浦正さん(34)は「過去にも延岡で参加していて、そこで知り合った方がワイナリーを訪れてくれたりしています。ワインと料理で地域活性へとつなげるとてもいいイベントですね」と笑顔で参加者との触れ合いを楽しんでいた。

その他の記事/過去の記事
page-top