【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日向土木事務所管内−大規模氾濫にどう対応

本紙掲載日:2018-06-02
2面
日向土木管内大規模氾濫等減災協議会

水害に強い地域づくり−減災へ連携

 日向土木事務所管内の大規模氾濫等減災協議会が5月29日、日向市中町の県日向総合庁舎であった。日向・入郷地域1市2町2村の首長や日向土木事務所、宮崎地方気象台など関係者約30人が出席し、平成29年度に策定した取り組み実績などを話し合った。

 日向土木事務所の明利浩久所長は、最近では雨天時ではない時でも、土砂崩壊が発生していることを挙げ、「梅雨に入り土砂災害が発生する危険度がますます高くなっていく。皆さんからのご意見を共有し連携を取って水害に強い地域づくりを目指していきたい」とあいさつした。

 議事では、昨年策定した ̄潦蠅つ迅速な避難のための取り組み的確な防災活動のための取り組みH鏗卸攜此∩甦復旧に関する取り組み―の進捗(しんちょく)状況を確認。各首長が主な取り組みを紹介した。

 門川町の安田修町長は、県防災の日に合わせて毎年5月の第4日曜日に実施している住民参加型の一斉防災訓練を紹介。「例年3千人ほどが参加している。各地で防災クイズをやったり親睦を深めるためのレクリエーションを行い、参加しやすい環境づくりを進めている」と話した。

 日向市の黒木秀樹副市長は、音声合成ソフトを利用した情報伝達を本年度に導入予定であるとし、「登録した固定電話には音声、ファクスとメールには文字情報で一斉に情報の発信ができる。利用対象は携帯などを持たない人や文字情報が唯一の情報源となる視聴覚障害者、避難に時間を要する人たちを中心に考えている」。

 美郷町の田中秀俊町長は昨年、県の砂防課、土木事務所職員による土砂災害に関する防災講話や救急救命士による心肺蘇生法やけがの応急手当ての講習を行ったといい、「美郷町は河川が三つあり、危険性が高いため、もう少し詰めた計画や訓練をしていきたい」と伝えた。

 また、椎葉村と諸塚村も過去の災害を振り返りながら取り組みや課題を挙げ、「住民は自助、共助の心が育まれている。行政も一緒になって取り組んでいきたい」と報告した。

 同協議会は、災害に強い地域づくりを促進するために国、県、市町村が連携、協力して減災に向けた目標を共有し「水防災意識社会」を再構築することを目的に昨年5月30日に発足した。

 今後も毎年出水期前の5月に協議会を開催し、取り組み方針に基づき、連携して減災対策を進めるという。

その他の記事/過去の記事
page-top