【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

とんとんウインナー作り

本紙掲載日:2018-05-29
7面
ウインナー作りに挑戦する参加者

こども食堂利用の親子が参加−JA延岡

 延岡市の山下新天街アーケード内にある「こども食堂のべおか・今山」(峰田知恵子代表)で26日、ウインナーを手作りして食べる「豚豚(とんとん)ウインナー教室」があり、同食堂を利用する子どもら市内の親子15人が参加した。主催はJA延岡養豚部会(伊東愛二部会長)。

 同教室は、JA宮崎経済連などが食育を目的に県内の小学校で実施している授業。こども食堂で開催されるのは極めて異例で、峰田代表が知り合いのJA延岡職員に依頼して実現。昨年から実施されており今回が2回目。

 参加者は三角巾、エプロン、マスク、ビニール手袋を付けてウインナー作りをした。伊東部会長の実演を手本に、専用器具を使って羊の腸の中に豚のあらびきミンチを入れていった。

 最初は苦労していたが、繰り返すうちにこつをつかみ、きれいな形のウインナーが次々に出来た。それを同食堂のスタッフらがボイルして焼き、参加者はホットドッグにして試食した。

 岡富小学校4年の荒武笑実(えみ)さんは「楽しかった。すごくおいしい」と満足そうにホットドッグを頬張り、母親のさつきさんは「ウインナー作りは初めての経験で夢中になりました」と笑顔で話した。

 こども食堂のべおか・今山は平成28年9月にオープン。毎週金曜日の夕方に営業し、高校生以下には無料で食事を提供。毎回30人程度が訪れるという。

 峰田代表は「ウインナー作りなどの活動が子どもたちの思い出になり、将来大人になった時にこども食堂を思い出すきっかけになればうれしい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top