【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

第45回県高校総合体育大会・ボイスレコーダー

本紙掲載日:2018-05-28
10面

◇平均台の落下など減点の多いミスをしないように心掛け、練習で積み上げたものが出せた。平均台の着地は、今回初めてロンダードから後方1回ひねりを加えて成功したので自信になった(体操女子個人総合2位の赤木光瑠=延岡)

◇あん馬やつり輪で不得意な技に挑戦して成功した。1位を取った気がしないけどうれしい。西階中時代は1人でやっていたので、チームメートから声を掛けられると『仲間がいるんだ』と実感できうれしかった。今後は同級生が初心者なので、教えられる部分は協力しながら自分の技術も高めていきたい(体操男子個人1位の柳田慶介=延岡商)

◇調子が上がらず前の大会も6位で、入賞できるか不安だったが、調子が出てきてよかった。南九州では58秒台で、まずは決勝に残ること。今まで以上に練習で集中し少しでももっと調子を上げていきたい(陸上女子400メートル3位の甲斐菜奈=延岡)

◇体力がないので、前半から突っ込まずに後半勝負を意識した。次の大会につなげていきたい(水泳女子200メートルバタフライで優勝の緒方和花=延岡)

◇泳ぎが崩れてしまった。九州大会で得意の100メートル平泳ぎとともにインターハイの標準記録を突破できるようにしっかりやっていきたい(水泳女子200メートル平泳ぎで優勝の下村桃子=富島)

◇自己ベストの24秒51を更新できていれば優勝できていたので悔しい。九州大会ではインターハイの標準記録(24秒40)を突破したい(水泳男子50メートル自由形で2位の山田遼河=延岡)

◇この1週間体調が悪く練習ができなかったので、タイムは良くなかったが目標の2位は取れた。九州大会ではタイムを狙っていきたい(水泳女子50メートル自由形で2位の北住優佳=日向)

◇2位にはなれたが、ベストタイムより6秒遅かった。緊張と水温の低さで体が動かなかった。九州大会までに調子を整えたい(水泳女子200メートル自由形で2位の児玉未空=延岡)

◇(優勝した)下村さんについていったがターンで離された。ターンの練習が必要と感じた。下村さんを目標にしてインターハイを狙っていきたい(水泳女子200メートル平泳ぎで2位の糸瀬胡桃=延岡)

◇シュートを決められる場面で決めきれなかった自分のせい。チームはいつもより声が出ていて団結していたように感じたが、緊張で少し力が入っていた。選抜大会に向けてもっと練習して100%の力が発揮できるように意識してやっていきたい(ホッケー男子2位の延岡工主将・甲斐洸企)

◇練習の時からもっと声を出してやっておけば良かった。顔を上げて周りを見てプレーすることを心掛けたが、それができなかった。チームワークと声掛けを大事にし、10月の選抜大会でリベンジしたい(ホッケー女子2位の門川主将・小林優衣)

その他の記事/過去の記事
page-top