【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡フィル、6月16日に演奏会

本紙掲載日:2018-05-28
9面
今村さんを迎えて延岡総合文化センターで行われた公開練習

指揮者の今村能さん迎え公開練習

 延岡フィルハーモニー管弦楽団(東原擁慈代表)の第18回定期演奏会は6月16日午後6時30分から延岡総合文化センター大ホールで開かれる。指揮をする今村能さん(ポーランド国立歌劇場指揮者、東京在住)が26日、記者会見と公開練習を行った。

 今村さんは1954年、大阪生まれ。国立音楽大卒、桐朋学園大指揮科研究生修了。ヘルベルト・フォン・カラヤン・コンクール(77年)で第3位入賞し、カラヤンの招待で渡欧。ベルリン・フィルハーモニー・オーケストラ・アカデミーに在籍した。83年、第2回グジェゴシュ・フィテルベルク指揮者コンクール(ポーランド)で優勝した。

 これまでにベルリン・フィルなど多くのオーケストラを指揮。96年から国立音楽大指揮法講師も務めている。

 延フィルアドバイザーで宮崎トロンボーン協会会長の松原正幸さんとドイツ留学時代からの知り合いであることから出演が決まった。県内での指揮は30年以上ぶりという。

 本番までに6回来延して指導を行う。延フィルの印象について今村さんは「皆さんの吸収力、理解力が素晴らしくてどんどん音が変わっていく。『これはいい感じでできそう』というのが第一印象。とても技術が高いし、音楽を理解しようとする気持ちを持っているのでどんどんうまくなっています」と笑顔を見せた。

 団員ら59人が出演。ベートーベンの交響曲第2番ニ長調作品36、ブラームスの交響曲第3番へ長調作品90を演奏する。今村さんは「2曲とも本当にいい曲だが大変難しい。選曲した勇気が素晴らしい。延岡で聞くことができるのはレアケースでとてもいいことだと思う」と話した。

 チケット(全席自由)1000円。未就学児無料。当日券も販売する。前売り券は延岡総合文化センター、日向市文化交流センター、クリエイティブセンター門川、西村楽器延岡店、サヴァ管楽器店、延岡市役所売店などで扱っている。

その他の記事/過去の記事
page-top