【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

災害時、ラジオの役割は

本紙掲載日:2018-05-26
3面
FMのべおかを取材に訪れた(右から)伊藤聖さん、佐々木結衣さん(手前)、吉岡陽菜さん(奥)

延岡星雲高、FMのべおかを取材

◆全国高校放送コンテスト県予選へ

 延岡星雲高校放送部(吉田大二郎顧問)の部長の吉岡陽菜さん(3年)、副部長の佐々木結衣さん(2年)、伊藤聖さん(1年)が23日、6月にある第65回NHK杯全国高校放送コンテスト県予選に出品する作品づくりのため、FMのべおかを取材した。

 同部の部員は、互いに助け合いながら、それぞれの作品を制作中。この日は、佐々木さんが、テレビドキュメント部門に提出する南海トラフ巨大地震や津波をテーマにした作品づくりの一環として、サポートする吉岡さんと伊藤さんとともに訪れた。

 ビデオカメラ2台とICレコーダーを設置して佐々木さんがFMのべおかチーフディレクターの甲斐寛章さんにインタビュー。「停電でも放送はできるのでしょうか」「私たち高校生や市民に期待したいことはありますか」などと質問。甲斐さんは「機材が使えない場合は、送信所から緊急放送をする準備などをしています」「平常時に放送している防災番組なども聞いてほしい」などと答えた。

 緊急時にラジオが役に立ったという東日本大震災などの被災者たちの声をインターネットなどで知って、FMのべおかへの取材を決めたという。「高校生に見てもらった後に家族で話し合ったり、改めて考えてもらえるような作品にしたい」と佐々木さん。

 高校生にアンケートを行ったり、延岡市の北浦総合支所などさまざまな場所にも取材している。「たくさんの方に協力してもらった。後はどう〃調理〃するか。協力してくれた方たちにいい報告ができるように頑張りたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top