【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

琴恵光2場所連続2桁

本紙掲載日:2018-05-25
3面
録画していた琴恵光の取組を見て盛り上がる後援会メンバーら(24日午後7時50分ごろ、ちゃんこ松恵)

実家のちゃんこ松恵−両親、後援者ら祝杯

◆「強くなった」「レベル上がった」

 琴恵光の実家の「ちゃんこ松恵」(延岡市山下新天街アーケード内)には24日、後援会の会員や近所の人も集まり、大事な一戦をテレビで見守った。10勝目を決めると歓声と拍手、両親は手を取り合って喜んだ。夜には関係者らが店に駆け付け、大きな白星にみんなで祝杯を挙げた。

 十両の取組が始まった午後3時ごろ父の柏谷正倫さん(54)は「勝ち越すまではドキドキしたが、それが決まって今はゆっくり見られている。琴恵光が変なことをしなければきょうも勝てると思う」。

 取組が近づくと、少しずつ人が増え、直前には「一緒に応援したい」と急きょ入店してきた男性も。そして琴恵光が土俵へ。店内は静かになり、母の多美さん(54)は祈るように両手を合わせた。

 軍配が返ると「よし!」「行け!」と声援。琴恵光が寄り切ると「やったー!」とみんなでガッツポーズ。抱き合って喜び合う姿も見られた。

 琴恵光を小さい頃から知るという近くに住む島崎一さん(65)は「最高じゃ。ここまで来たら優勝する。今場所は今までと全く違う。どんどん強くなっていて、精神的にも安定しているように見える」と笑顔。

 10勝目を挙げた夜の店内はさらに大盛り上がり。十数人が集結し、録画していたこの日の琴恵光の一番を繰り返し見ては喜びに浸って「何回見ても涙が出るわ」などと美酒を酌み交わした。

 「みんなと一緒に喜びを分かち合いたかった」と西都市から駆け付けた森田司さん(70)=県むかばき青少年自然の家前副所長=は「見ていて力が入ったが、素晴らしい内容だった。上でも十分やっていける力を見せてくれた」とうれしそうだった。

 優勝争いの単独トップに立った琴恵光。入幕だけでなく、優勝の2文字も見えてきた。結果を出し続けるわが子に、多美さんは「強くなった。絶対にやってくれると思って見てはいるが、毎日ドキドキです」。正倫さんは「いい取組だった。自分自身を冷静に客観的に見られているように感じる。前までは相手をかわすことが多かったが、今は相手をしっかり受け止めて正面から押せるようになった。確実にレベルが上がっている。一つ一つ勝ちを積み重ねて、上のステージに行っても恥ずかしくない成績を出してもらいたい」と期待を込めた。

その他の記事/過去の記事
page-top