【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

幅広い分野を深く学習

本紙掲載日:2018-05-21
2面
読谷山市長から受講生証を受ける岩田さん
受講生を代表して宣誓する井澤さん

のべおか市民大学院が開講

 平成30年度「のべおか市民大学院」が19日、九州保健福祉大学で開講した。今年度は市内外から応募した18歳以上の受講生53人が、同大の専門家から多彩な内容について学ぶ。

 開講式では受講生全員が点呼され起立。岩田歩さん(37)に、学長を務める読谷山洋司市長が受講生証を授与。井澤光一さん(59)が「これから市民大学院の受講生として、保健・医療・福祉など幅広い分野について深く学習するとともに、美しく住みよい郷土づくりに貢献できるよう努力することを誓います」と力強く宣誓した。

 読谷山市長は「受講生の皆さまには、これからさらに研さんを積まれ、ふるさと延岡のためにお力を貸していただけますようお願いします。皆さまの学び、高める姿は、次の延岡を担う世代に大切なことを伝えてくれます。その向上心が延岡にとって一番大事な、まちづくりの原点、エネルギーです」と訓示。

 来賓の本部仁俊市議会副議長と同大薬学部の比佐博彰教授が祝辞を述べ、講座の成果に期待を寄せた。

 式典に続いて読谷山市長が「市民目線の改革により、『延岡人で良かった』と思えるまちに」をテーマに講話。受講生たちはさっそく真剣な表情で聴き入った。

 のべおか市民大学院は、九州保健福祉大のスタッフや施設を生かし、医療や福祉をはじめ、多彩な分野でまちづくりのリーダーとなる人材育成を目的に、平成12年度に開講。毎年人気が高く、開講以来、29年度までに880人が受講している。

その他の記事/過去の記事
page-top