【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

収穫直前、野菜盗難

本紙掲載日:2018-05-17
3面
ニンニクが盗まれた延岡市大貫町の畑。写真は所有者の富山重利さん

大貫町、ニンニクごっそり

◆JA延岡、生産者に注意呼び掛け

 延岡市内の畑で農作物の盗難が相次いでいる。収穫前のニンニクやタマネギなどの野菜が狙われており、JA延岡では生産者に注意を呼び掛けている。

 大貫町の農業、富山重利さん(82)の畑では11日早朝、ニンニク約30株がごっそり抜き取られた。富山さんは約8アールの畑でブロッコリーやエダマメ、ニンニクなどを栽培している。畑は南東に長く、ニンニクは畑の奥に植えていた。

 被害に富山さんは、「盗まれたのは雨上がりの朝で、畑がぬかるみ抜きやすいんでしょうかね。足跡がくっきり付いていました」。被害は西階交番に届け出た。数年前から何度か被害に遭っていたという。

 富山さんの長男・哲洋さん(54)は「あと少しで収穫というときに、1本や2本ならまだしも、ごっそり持って行かれました」と落胆した様子。哲洋さんは今回の被害を受けて「ニンニク泥棒さんへ、警察に相談しています」と書いた看板を設置した。富山さんの近隣の畑でもタマネギを盗まれる被害があり、盗まれた人は柵を設置したという。

 JA延岡によると、農作物の被害は片田町でもあった。JA延岡の産地直売所に野菜を納めていた70代の女性は、出荷前の野菜を盗まれたことにショックを受け、「農業をやめたい」とつぶやいたという。

 JA延岡では「生産者にしてみれば、一日中見張っている訳にもいかず、カメラを設置するようなコストもかけられない」と現状を分析。「声を上げていないだけで、ほかにも被害に遭っている生産者がいる可能性がある」と指摘し、引き続き生産者に注意を喚起した。

その他の記事/過去の記事
page-top