【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

健康にスポーツ吹き矢−的目掛け複式呼吸で

本紙掲載日:2018-05-16
3面
スポーツ吹き矢を体験する参加者

九保大QOL研究機構・保健科学研究所

◆初心者対象に講習会

 初心者を対象にしたスポーツ吹き矢の講習会が12日、延岡市吉野町の九州保健福祉大学体育館で2回行われ、市民や大学生ら合計34人が同競技を楽しんだ。主催は同大学QOL研究機構・保健科学研究所(竹澤真吾所長)。

 同研究所が年に1回開催しており、今回で3回目。参加者は、日本スポーツ吹矢協会公認指導員の二木幹男さん、公代さん夫妻(宮崎市)から実践を交えながら基本動作を教わった。

 スポーツ吹き矢は平成10年に生まれた日本発祥の競技。筒の中に矢を入れ、6メートル離れた円形の的を目掛けて息を使って矢を放つ。腹式呼吸をベースにした呼吸法を用いるため、呼吸器の機能を高める運動として有効で、姿勢の矯正や集中力を高めることにもいいという。

 二木さん夫妻は「礼に始まり、礼に終わる」と手本を見せながら競技前から終わりまでの構えを教えた。参加者が一連の動作をやってみる中、「鼻から息を吸って、口から出す」「きょろきょろしない」「筒は左手の上に乗せるだけ。握らない」などと説明。的に刺さった矢の抜き方や筒の掃除の仕方まで丁寧に指導した。

 参加者は、呼吸を意識しながらゆっくりと動き、集中して矢を放つ動作を繰り返し練習。高得点の中心部に当たると笑顔を見せた。

 2ラウンド制(1ラウンド5本)の試合もあり、他の参加者と話しながら和気あいあいと行われた講習会。初めて妻(77)と参加した延岡市大貫町の男性(78)は「妻と『楽しいね。道具を買おうか』と話していました。楽しいばっかり。ずっとやってみたいですね」と笑顔で話した。

その他の記事/過去の記事
page-top