【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

守備組織、機能せず−富島

本紙掲載日:2018-05-14
1面
9回無死一塁、代打で左前打を放つ富島・田原

第55回MRT招待高校野球大会

 富島はセンバツに続く強豪との対戦で、リプレーのように序盤の集中打で勝負を決められてしまった。「練習してきたことができなかったのが二回。1点でしのがないといけなかった」。三塁手の山下蒼生は悔やんだ。

 チームの再構築の途中。先発は春以降、信頼を増している2年生の黒木拓馬。二回1死からの1点は相手を褒めるしかない一発だった。

 だが、それ以降チームを助けられず。強力打線を意識した守備組織が機能せず、二盗〜単打〜生還のサイクルが止まらなかった。

 一方の打線も130キロ後半の相手右腕に対し、七回まで打つ手なし。八回にチーム初安打を放った山下は「(攻撃は)自分たちで試合の中で対策をできるようになること。守備も精度を上げていきたい」と誓った。


◇次はないと思い−小貫隆成(2年生。八回2死一、二塁の代打で右前打)「結果を残さないと次はないと思い、ボールを見極め、狙った球を打てた。2回目のベンチ入り。このチームのベンチワークなどを当たり前にできるようにならないと」


◇どんどん振ってきた−黒木将胤(好救援の主戦)
「全国レベルの打線はどんどん振ってきた。最初は何とか抑えられたが、後半は捉えられた。配球か球種を増やすか、考えていきたい」

その他の記事/過去の記事
page-top