【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

普通期水稲の苗作り−JA延岡

本紙掲載日:2018-05-11
2面
種もみがまかれた苗箱をチェックする職員

昨年並み4万6千箱を育苗

 延岡市祝子町のJA延岡地域農業支援センターで、普通期水稲の苗作りが始まった。今季、同JA管内では約100戸の稲作農家が、約300ヘクタールで作付けを予定。苗作りは今月28日まで行われ、昨年並みの4万6000箱の苗を育てる。

 主な品種はヒノヒカリだが、普通期水稲で高温に強い「おてんとそだち」と、もち米の「クスタマモチ」、飼料用の「ミナミユタカ」と「ミズホチカラ」の苗も同時進行で育てている。

 苗箱がベルトコンベアーで運ばれると、一度に150グラムの種もみがまかれ、上から土をかぶせる。作業はすべて自動で、職員は苗箱のセットや種もみの広がり方などのチェックに集中する。

 種まきの後は、発芽を促すため専用の部屋に3日間入れ、その後、露地で13センチほどになるまで育てる。苗は今月28日ごろから北方、北川、上南方地区などに順次配布され、田植えが始まるという。

 同センターの木原広道課長は「病気にならない健康な苗作りを心掛けています。生産者の皆さんにおいしい米を作っていただくために、良い苗を提供したい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top