【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

河川功労者に五ケ瀬川流域ネットワーク

本紙掲載日:2018-05-11
3面

30日、東京で表彰式−日本河川協会

 公益社団法人日本河川協会(会長・虫明功臣東京大学名誉教授)の平成30年河川功労者に、延岡市の特定非営利活動法人「五ケ瀬川流域ネットワーク」(土井裕子理事長)が選ばれた。30日に東京都千代田区の砂防会館別館シェーンバッハ・サボーで表彰式が行われる。

 同表彰は、昭和24年に創設され、河川文化の発展、水防活動、河川愛護活動に功労のあった個人・団体を都道府県知事や国交省などが推薦し、同協会が表彰者・団体を決めている。今年は全国で個人50、団体39の受賞が決まり、同協会が4月23日に発表した。県内からほかに高鍋自然愛好会が選ばれた。

 五ケ瀬川流域ネットワーク(事務局・延岡市牧町のリバーパル五ケ瀬川内)は、平成14年に創立以来、五ケ瀬川流域の環境保全活動や水生生物調査、カヌースクール、川の安全利用講習などの活動を行い、地域住民の河川環境保護意識の定着、子供たちの健全育成の推進に貢献した。

 受賞の知らせに土井理事長は「大変光栄なこと。地域や流域と連携した活動が評価されたのだと思う。多くの方々が活動に協力し支えてくださったおかげです」と感謝した。

 日本河川協会は、「河川講習会の開催」「河川愛護思想の高揚と実践」「水防訓練の奨励」を3大事業に、地方公共団体、各都道府県の河川協会などが一体となり、治水・利水政策の研究、河川の知識の普及、治水・利水事業の促進などに取り組む。23年度には内閣府から公益社団法人として認定を受け、不特定多数の利益の増進に寄与する公益事業を進めている。

その他の記事/過去の記事
page-top