【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

トロンボーンの祭典

本紙掲載日:2018-05-10
6面
23人のファンファーレで開幕
廣田純一さんのウオームUP講座
課題曲クリニックでプロ奏者から教わる生徒
さまざまなメーカーの楽器展示会があり、来場者が試奏
パフォーマンスなども審査対象のT―1バトルではユニークな姿で演奏するチームも
審査員の判定による「T―1バトル」は勝ち抜き方式で実施

演奏レッスン試奏…盛りだくさん−延岡

 「第13回トロンボーンフェスティバル」は5日、延岡総合文化センターで開かれた。来場者はトロンボーンのコンサートを楽しんだり、プロ奏者によるレッスン、国内外のメーカーの楽器を試奏するなどしてトロンボーンの魅力に触れた。県トロンボーン協会(松原正幸会長)主催。日本トロンボーン協会など後援。

 23人のファンファーレで開幕。勝ちぬき戦による「T―1バトル」には7チームが出場した。ランドセルを背負った姿で登場するチームや、司会者のユーモアある進行で演奏するなど和やかな雰囲気に包まれた。

 課題曲クリニックでは、県内各地の中学・高校9校の生徒が参加し、プロ奏者から今年度吹奏楽コンクール課題曲のレッスンを受けた。生徒たちは講師から「あいまいに音を出さない」などと指導された点を意識しながら繰り返し練習。うまく吹けると講師から「今の音は良かったね」と褒められた。

 プロコンサートでは、若狭和良さん(元東京交響楽団首席トロンボーン奏者)、東京芸大卒の4人でつくるトワイライト・トロンボーンカルテットが演奏。

 最後は参加者や希望者によるワーグナーの「タンホイザー序曲」を華やかに演奏した。


プロと音大生28奏者が16重奏でヘイゼルの『「猫の組曲」より』を演奏

最後は参加者全員で「タンホイザー序曲」を演奏した
その他の記事/過去の記事
page-top