【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高速道日向〜都農2%増−GWの交通量

本紙掲載日:2018-05-09
3面

津久見〜佐伯3%減−NEXCO九州管内

 NEXCO西日本九州支社(廣畑浩司支社長)は7日、ゴールデンウイーク期間の高速道路の交通状況を発表した。主な区間の1日当たりの断面交通量は昨年同期比で約1%増加。5キロ以上の渋滞は52回(昨年46回)、10キロ以上の渋滞は21回(同23回)だった。

 調査は連休中の4月27日〜5月6日の10日間に東九州道、宮崎道、九州道、大分道、長崎道、沖縄道の13区間を対象に行われ、昨年(4月28日―5月7日)の交通量と比較した。それによると、主な9区間の1日当たりの断面交通量の10日間平均は約1%増えた。

 5キロ以上の渋滞発生回数のピークは下り線、上り線とも5月3日。最大渋滞は▽下り線=3日午前8時55分ごろ、九州道の筑紫野IC付近を先頭に古賀サービスエリア付近まで約32キロ。▽上り線=3日午前10時55分ごろ、古賀サービスエリア付近を先頭に福岡IC付近まで約16キロ。

 九州道ではこのほか、▽下り線=4月28日午前10時ごろ、基山PA付近で21・2キロ、同4日午前9時40分ごろ、鳥栖IC付近で19キロ=事故や交通集中。▽上り線=5日午後6時5分ごろ、広川IC付近で14・5キロ、5日午後5時40分ごろ、古賀SA付近で14キロ=交通集中。

 一方、大分、宮崎県内区間の東九州自動車道と宮崎自動車道の交通量は、東九州道の日向IC―都農ICが2%増、津久見IC―佐伯ICが3%減、宮崎道の田野IC―清武JCTが9%増。

 日向―都農の10日間平均は1万2500台(昨年1万2300台)で、ピークは5日の1万8100台。以下、4日=1万7300台、3日=1万7000台、4月29日=1万2900台など。

 津久見―佐伯は、平均で1万4700台(昨年1万5200台)で、ピークは5日=2万200台、3日=1万9300台、4日=1万9100台、4月29日=1万6000台など。

 田野―清武は、平均2万1800台(昨年2万台)が通行。ピークは5日の2万9800台。以下、4日=2万8600台、3日=2万7800台、4月29日=2万2600台など。


◆延岡〜延岡南は1万8900台
 29年同期と増減なし−国交省九地整調べ

 国土交通省九州地方整備局(増田博行局長)は8日、同局が管理する高規格幹線道路と直轄国道のGW中の交通量(速報値)を公表した。

 調査は、4月27日〜5月6日の10日間にわたって行われ、高規格幹線道路と直轄国道の交通量を29年同期(4月28日〜5月7日)の交通量と比較した。

 それによると、高規格幹線道の平均交通量は前年(1万3400台)比6%増の1万4200台。このうち、大分、宮崎県内区間の東九州自動車道は、佐伯―佐伯堅田=1万1600台(3%減)▽佐伯堅田―蒲江=1万2700台(4%減)▽蒲江―蒲江波当津=1万900台(3%減)▽蒲江波当津―北浦=1万1000台(同)▽北浦―須美江=1万1800台(1%減)▽須美江―北川=1万2800台(2%減)▽北川―延岡=1万2700台(3%減)▽延岡―延岡南=1万8900台(増減なし)。

 国道218号北方延岡道路▽蔵田―北方=1万100台(3%増)。

 一方、直轄国道(沖縄を除く九州全県の47地点)の平均交通量は2万2700台で前年同期比1%減。宮崎、大分県内区間の国道10号は、都農町大字川北坂ノ上が1万6400台で前年比5%減、大分県宇目町大平が500台で前年比17%減。宇目地点は、東九州道の佐伯―延岡全線開通前は2000台前後の交通量だったが、開通後は激減している。


◆JR九州、順調な運行−ピーク、上下線とも4月27日

 JR九州は7日、ゴールデンウイーク期間中(4月27日〜5月6日)の利用状況を発表した。県北区間を走る日豊線・南延岡―宮崎間の特急列車は2万6700人で前年同期比2000人減だった。

 特急列車は事故など大きなトラブルはなく順調な運行状況だった。南延岡―宮崎間は下りが1万3300人(前年同期比900人減)、上りが1万3400人(同1000人減)。ピークは下り・上りともに4月27日で、それぞれ1600人だった。日豊線の宮崎―都城間は1万3000人(同100人減)で、県内区間の利用者数は3万9800人となった。

 旧高千穂鉄道のトロッコ列車を改装して運行している日南線の観光特急「海幸山幸」は、前年とほぼ同じ1022人が利用。平均乗車率は111%と依然として高い人気があった。

 九州新幹線は博多―熊本間が34万2000人(同1万9000人増)、熊本―鹿児島中央間が17万5000人(同9000人増)で、いずれも前年を上回った。九州新幹線と連動して運行する高速バス「B&Sみやざき」(博多―宮崎間)は、速報値(4月27日〜5月5日)で5400人(同500人増)と好調だった。


その他の記事/過去の記事
page-top