【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ふるさと市場来店者300万人到達

本紙掲載日:2018-05-09
3面
300万人目の来店者となった安藤ミドリさん(前列左)と玲さん(同右)

節目・安藤さんに記念品贈る−JA延岡

 延岡市恒富町のJA延岡ふるさと市場(吉本幸平店長)の来店者が8日、300万人を突破し、9日同店で記念セレモニーがあった。300万人目となった同市若葉町の安藤ミドリさん(87)に記念品などが贈られた。

 JA延岡産直農産物生産者運営協議会の瀧口景子会長が花束を手渡し、「300万人目のご来店ありがとうございます。これからもご利用をお願いします」とあいさつ。山本照弘組合長が、県産完熟マンゴー「太陽のタマゴ」や宮崎牛、尾頭付きのタイなどを贈呈した。

 安藤さんは8日、次男の玲さん(57)とともに来店した。普段から同店をよく利用しているが、節目の来場者となったことにびっくり。「(ふるさと市場は)鮮度が一番です。70年間、炊事をしていることに天からの贈り物かも。タイはお刺し身やお吸い物にしてお祝いします」

 玲さんも、「ふるさと市場は、安心で安全な食材が買えるのがいい。豪華な記念品をいただき、母の日も近いのでうれしい一日になりました」と笑顔を見せた。

 同店は平成22年5月に開業。1日当たり約1000人の来店者があり、25年3月に来店者100万人、26年5月に150万人、27年9月に200万人を達成するなど、集客力を発揮している。

 山本組合長は「地域の皆さまに支えられて300万人の達成、ありがたいことです。これからも13万市民の台所として、JAの食の拠点として、切れ目ない食材の提供と店舗展開を、行政と一緒に進めていきたい」と話した。同店では300万人達成を記念して、今月19、20日の2日間、記念セールなどのイベントを開催する。

その他の記事/過去の記事
page-top