【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

北川ホタル学校が開講

本紙掲載日:2018-05-07
2面
ホタルの生態について講義する門川高校の吉田教諭
ホタル用採卵装置「コケタワー」

理解深め景観保護目指す−延岡

 延岡市北川町の北川やっちみろ会(井本喜代治会長)のホタル博士育成講座「北川ホタル学校」が6日、同町のホタルの宿で始まった。同会は長井支部(竹林国興支部長)が中心となってホタルの保護活動に取り組んでおり、今年で9回目。

 開講式では、町内外から集まった受講生34人を前に、竹林支部長が「北川町は県内でも有数のホタルの名所で、観覧のポイントが多い。ホタルへの理解を深めてもらうことで景観保護につながれば」とあいさつ。来賓の読谷山洋司延岡市長は「北川ホタル学校は、地域の宝物を磨き続けている活動。北川やっちみろ会に敬意を表したい」と話した。

 式後は、門川高校ホタルプロジェクト班顧問の吉田巧教諭による講義が行われた。受講生はゲンジボタルをはじめとするホタルの生態、幼虫の飼育方法について学んだほか、吉田教諭の指導を受けながらコケを使って作る採卵装置「コケタワー」を製作した。

 地元北川小学校5年の竹林光哉君は「(ホタル学校は)昨年から2度目の参加。北川にホタルがたくさん飛べるよう頑張りたい」と話した。

 同学校は、20日まで計3回の講座を予定している。13日には町内の丹仙川周辺で外部の光を嫌うホタルのための遮光ネット設置および生息地観察、20日には麦わらで作る伝統のホタル籠製作を行う。

その他の記事/過去の記事
page-top