【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

GW総決算−延岡3道の駅など大繁盛

本紙掲載日:2018-05-07
3面
盛況だった道の駅北方よっちみろ屋の新茶祭2018(延岡市北方町)

◆道の駅北方、売り上げ伸ばす

 延岡市北方町の道の駅「北方よっちみろ屋」には4月28日〜6日までの間、約1万5000人が来場。天気にも恵まれ、売り上げとともに昨年を大きく上回った。

 期間中、駐車場はほぼ満車状態が続き、県外ナンバーの車のほか、中国を中心に外国人観光客を乗せたバスも目立ち、特に「新茶祭2018」期間中でもあった4、5日の来場が最も多かった。

 ETOランド速日の峰も好天の影響を受けて好調な人出。期間中の宿泊施設利用率は9割近くに上った。


◆北川はゆま、5日は過去最高の売り上げ

 延岡市北川町の道の駅「北川はゆま」は4月28日から6日までのレジ通過数が2万5183人。5日は約545万円と過去最高の売り上げを記録した。

 期間中は臨時駐車場含めほぼ満車状態。県外ナンバーは全体の約6割ほどで、大分県が最も多かった。

 物産館では、月の塩クッキーやオリジナルメロンパンなどが人気で、レストランでは例年トップだったチキン南蛮を初めて生シラス丼が売り上げ数で上回った。


◆道の駅北浦、お宝丼が売り上げ記録

 延岡市北浦町の道の駅「北浦」は来場者は例年並みで売り上げはやや上回り、変わらずの盛況ぶりを見せた。

 レストラン海鮮館では地元の海鮮をふんだんに使った「海のお宝丼」が大人気。内容のリニューアルや告知ポスターの更新が効果を発揮し、1日111食という過去最高の売り上げ記録も出た。また名物の塩ソフトも原料が不足するほどの好調。

 駐車場には県外ナンバーも目立ち、常時ほぼ満車状態。日豊海岸や各種施設が並ぶ立地で来場者の滞在時間が長いことから、出入りの際の大きな混乱は見られなかった。


◆レストラン大盛況−きたうらら海市場

 延岡市北浦町のきたうらら海市場には約2万6500人が来場。特に4、5日の人出が多く、6日は雨の影響で落ち込んだ。直売所では海鮮丼やにぎりずし、干物が特に人気で品切れ状態に。また海鮮バイキングのレストランは1日400人超という盛況ぶりを見せた。急きょ増席するなどして対応し、待ち時間は最大1時間だった。

 駐車場には九州各県ナンバーのほか関東や関西、四国のものも見られた。同時期開催のイベント等を見越して事前にスペースを確保するなどして混雑対応した。


◆須美江、全体来場者は過去最高

 延岡市の須美江家族旅行村には遊具やイベント広場がある「ビーチの森」だけで約1万2500人の来場があった。全体の来場者数では例年の約1・5倍で過去最高を記録。4月28、29日と3〜5日はケビンとオートキャンプ場がほぼ満室となった。

 好天に恵まれたこともあり、期間中のイベント「GWすみえファミリーフェスタ」などを楽しむ家族連れの姿が目立った。県外からは大分、福岡を中心に関西方面からの車も見られた。


◆後半3日間は連日1500人超の入館者−ヘルストピア延岡

 延岡市長浜町のヘルストピア延岡(平山昌伸支配人)は、連休後半3〜5日の3日間で連日約1500人の入館者を数えた。昨年の同時期はプールが改修中だったため、プールの営業を再開した今年は昨年を上回る人出があった。連休最終日の6日も約1200人の入館者があり、好調なGWとなった。

 「駐車場には福岡、鹿児島、熊本など県外ナンバーも多かった。プールの営業が再開したことで、家族連れの入館者も昨年以上に多かった」とヘルストピア延岡。

その他の記事/過去の記事
page-top