【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

木の香り漂う日向市新庁舎

本紙掲載日:2018-04-30
7面

まちづくりの拠点を紹介します

 日向市が一昨年1月に着工し、約2カ年かけて進めてきた新庁舎が2月に完成し、1日から業務が順次スタートする。市民サービスの充実と利用者の利便性向上、安心・安全を支える防災拠点としての役割が期待される。

◇安心で親しみやすく

 新庁舎は、現在の本庁舎の東側広場に建設された。鉄筋コンクリート造り一部鉄骨造り地上4階建て、延べ床面積1万1573平方メートル。「災害に強い」「環境にやさしい」「親しまれる」を整備方針に、市民が安心して集い、まちづくりの拠点となる庁舎を目指して整備が進められてきた。

 南海トラフ巨大地震を想定し、地震時の揺れが大幅に軽減され、震度7の地震に耐えられる「基礎免震構造」を採用。庁舎自体も津波で床上浸水しないように約1メートルかさ上げした。

◇非常時の要に

 2〜4階の各階には、東西南北に張り出すテラスを設置。普段は休憩や交流スペースとして市民に開放し、津波災害時などには外から直接上がることができる階段を使い約5700人を収容する避難スペースとして機能する。7日分の非常用発電燃料と雑用水、3日分(1600人)の飲料水も備蓄し、非常時の要となる。

 また、閉庁時でも展示会やコンサートに利用できる市民ホール、授乳室、キッズコーナーも設けた。

◇人にやさしい空間

 証明書の発行や届け出など、利用の多い窓口のある部署を主に1階フロアに集約。案内表記も従来の課名表記でなく、例えば「介護保険のこと」「子育てのこと」などと誰もに分かりやすい表記にした。

 これまで別館にあった建設部や上下水道局、教育委員会などすべての部局が新庁舎に移動するため、各種窓口手続きが利用しやすくなった。

 このほか、障害のある人や高齢者、小さな子ども連れの人など、誰もが使いやすい「ユニバーサルデザイン」を取り入れ、人にやさしい庁舎となった。

 地産地消の観点から、耳川流域産材(スギ・ヒノキ)を外観や内装にふんだんに使用し、そのうち約半数は同市東郷町域の市有林材を活用。木の香り漂う温かい空間となっている。

◆青木選手コーナー除幕も

 開庁式は、5月1日午前8時から新庁舎1階北側ホールで行い、テープカットなどで祝う。併せて、1階ロビーに新設した展示コーナーでは日向市出身でプロ野球ヤクルトスワローズの青木宣親選手のユニホームやグラブなどを集めたブースの除幕式も計画している。

 十屋幸平市長は「市役所に用事がなくても、普段から多くの市民が訪れ、いつまでも親しまれる庁舎であり続けてほしい」と期待を寄せた。

 1階の市民環境部と健康福祉部は5月1日から(2階の総合政策部秘書広報課と4階の議会事務局も含む)、2階の総合政策部、総務部、商工観光部と4階の教育委員会はいずれも同7日から、3階の農林水産部、建設部、上下水道局は同14日から新庁舎での業務がスタートする。

 新庁舎のグランドオープンは来年3月の予定。今後、7〜10月に現庁舎の解体工事を行い、跡地に10月〜来年3月にかけて来庁者駐車場などを整備する。総事業費55億4500万円。

その他の記事/過去の記事
page-top