【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

綾町に「知の拠点」オープン

本紙掲載日:2018-04-27
3面
写真がふんだんに使われた展示室。照葉樹林の樹木も展示されている
研究などに利用できるサテライトオフィス
2段ベッドを備えた多目的室

ユネスコエコパークセンター

◆専用施設としては国内初

 ユネスコエコパーク(生物圏保存地域)の国内登録地域で初となる専用施設がこのほど、綾町にオープンした。日本最大級の照葉樹林や生物多様性などの情報発信・研究支援を行う「知の拠点」と位置付け、世界に通用する地域づくりを目指す。

 施設は「綾ユネスコエコパークセンター」。役場近くの病院跡施設(鉄筋コンクリート2階建て)を町が改修した。事業費は国の補助を含む1億3千万円。

 1階展示室は、照葉樹林の保護活動や有機農業など綾町の地域づくりの歴史をはじめ、照葉樹林文化、希少な動植物などを写真やビデオで解説。自然と暮らしとのつながりを通してエコパークの理念、今後の取り組みが分かる内容としている。

 大学などの研究拠点となるスペースは2階に配置。70人収容の研修室や実習・ゼミなどに利用できるサテライトオフィス、和室を設けた。ほかに2段ベッドを備えた多目的室や調理実習室(1階)があり、研究者の長期滞在も可能という。

 綾町は現在、宮崎大、南九州大、宮崎国際大と包括連携協定を結ぶほか、個別に研究者との連携・共同研究を進めており、科学的な検証に基づいた新しい地場産業の模索も始まっているという。センターの開所により、こうした研究に拍車がかかると期待されている。

 町ユネスコエコパーク推進室の河野円樹主任主事は「泊まりがけで研究できるのが一般のビジターセンターとの大きな違い」とし、「展示を通してエコパークや綾町の取り組みを知ってほしい。外国から訪れる人も多く、今後は英語などの紹介も考えたい」と話していた。開館時間は午前9時−午後5時。月曜日休館。

 ユネスコエコパーク国連教育科学文化機関(ユネスコ)が昭和51年に設けた制度。国内では宮崎、大分2県6市町の「祖母・傾・大崩」(昨年6月登録)を含む9カ所。綾地域は、綾町を中心に西都、小林市など5市町村にまたがる総面積1万4580ヘクタール。平成24年に登録された。

その他の記事/過去の記事
page-top