【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

中学生の夢をサポート−日向市

本紙掲載日:2018-04-27
1面

3人程度、最大30万円補助

◆5月14日締め切り−書類とプレゼン審査

 日向市は将来を担う人材を育成する目的で「日向市子どもの夢サポート事業」を行う。市内に住む中学生を対象に、日ごろ思い描いている夢や希望に向かってチャレンジする取り組みを募集し、必要経費に対して最大30万円を支援する。

 対象予定者は市内の中学生3人程度。夢や希望に向けての自己啓発、体験活動、学習、研修、視察などの活動に必要な交通費、宿泊費、受講料および参加費、活動に直接必要な原材料を購入するための必要経費などを支援する。

 対象となる取り組みの例として―、「パティシエになって、日向市の特産品を使ったケーキを作り、みんなを幸せにしたい」▽「人々の生活がより快適になるような人工衛星を作るなど、宇宙に関する仕事がしたいため、JAXA(宇宙航空研究開発機構)に行って学びたい」▽「プロのスポーツ選手になって世界で活躍し、将来は日向市の子どもたちのために指導を行い、日向市を活性化させたい」――を挙げている。

 応募締め切りは5月14日(当日消印有効)。書類審査後にプレゼンテーション審査があり、選考委員の前で夢の実現に向かって取り組もうとする思いや、取り組みを通してどのように自分を成長させたいかなどをアピールしてもらう。

 助成期間は採用決定後からチャレンジを終了する来年1月31日まで。終了後には市民など多くの人に向けた報告会を開催し、取り組んできた内容や今後その目標に向かってどのようにチャレンジするかなどを発表する計画。

 希望者は応募に際し必要な書類に必要事項を明記し、保護者の同意の上、〒883―8555日向市本町10番5号日向市教育委員会文化生涯学習課(籠向54・1233)に提出するか、郵送する。申請用紙は市のホームページからもダウンロードできる。問い合わせも同じ。

その他の記事/過去の記事
page-top