【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

北浦ベース操業開始−新海屋

本紙掲載日:2018-04-27
4面
操業開始した北浦ベースでブリの加工作業を行う従業員

最新鋭機そろえた水産工場

◆加工品の輸出事業も

 水産加工品の製造販売、鮮魚の卸・小売業を営む延岡市北浦町の「新海屋」(小川裕介社長)は25日、同町古江に新設した工場「北浦ベース」の操業を開始した。粟野名町の「ベイファクトリー」(平成25年)に続く2カ所目の工場で、国内初導入というブリ・カンパチ用「腹骨取り機」はじめ、加工から包装にいたる全工程で最新鋭機器をそろえている。国際的に認められている衛生管理基準「HACCP(ハサップ)」にも対応しており、来年1月からはブリのフィーレ(三枚おろし)輸出事業に乗り出す。

 工場内は仕入れた魚の荷受け、加工、包装、梱包、出荷へとつながる作業ルートを冷蔵庫や冷凍庫を囲むように配置。魚の入荷から出荷までの流れ、従業員の動線を考慮した効率的な設計となっている。また加工、包装のエリアに沿う形で見学通路を設けていて、地元の学校などの要望に応えていく方針という。

 小川社長は「新しい機器ばかりなので、操業数日前から試験運用してきました。ようやく従業員も作業に慣れてきた様子。加工処理能力はベイファクトリーと比較して約5倍になっています。少しでも早く軌道に乗せて水産業の発展、魚のPRなどを通して地元に貢献できれば」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top