【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高千穂中が準優勝−中学女子

本紙掲載日:2018-04-26
9面
【中学生の部2回戦・東海―神武館第1】東海の大将・長友(左)は神武館第1の木島にメンを2本連取して勝ち星。一矢報いた

第31回若鮎旗争奪少年剣道大会

◆稲門館A、4強入り・小学生高学年−県内外の148チームが熱戦

 第31回若鮎旗争奪少年剣道大会は22日、延岡市民体育館で、県内のほか九州5県と愛媛県から148チームが出場して行われた。地元県北勢は中学女子の高千穂中が準優勝したほか、小学生高学年の稲門館Aがベスト4入りするなど健闘した。延岡市剣道連盟主催、延岡市剣道道場連盟主管、夕刊デイリー新聞社など後援。

 今回も県内外の強豪チームがひしめき、しのぎを削った。中学生の部は如水館A(福岡)が同Bとの同門決勝を制して連覇を達成。同女子は今宿少剣(福岡)が4年ぶり3度目の王座を奪取した。

 小学生低学年は福岡十生館(福岡)が福岡神武館(同)との同県勢による決戦を制し、うれしい初V。同高学年も如水館A(福岡)が桜丘スポーツ(同)との福岡勢による争いに1―0で競り勝ち、3年ぶり14度目の優勝を果たした。同女子は都農少剣(児湯)が神龍舘(大分)に代表戦で競り勝って初優勝した。

 各部門の優勝チームには若鮎旗が贈られたほか、3位までの入賞チームが表彰を受けた。

【小学生低学年】
▽1回戦勝者
佐藤道場C(延岡)稲門館A(同)

▽2回戦勝者
如水館(福岡)光明館(大分)宮崎神武館(宮崎)福岡十生館(福岡)福岡一信館(同)玄辰館(同)佐藤道場A(延岡)桜丘スポーツ(福岡)三芳少剣(大分)春日聖剣会A(福岡)朱雀館(宮崎)福岡神武館(福岡)春風館(同)青竜館(大分)杵築少剣(大分)大津少剣(熊本)

▽3回戦勝者
如水館、福岡十生館、玄辰館、桜丘スポーツ、三芳少剣、福岡神武館、春風館、大津少剣

▽準々決勝勝者
福岡十生館、玄辰館、福岡神武館、春風館

▽準決勝
福岡十生館4―1玄辰館、福岡神武館2―1春風館

▽決勝
福岡十生館1―1福岡神武館
○井上・メ―・嵩
井手・引き分け・南
楠・引き分け・中上
山田・―メ・瓦田○
北原・引き分け・酒見
(福岡十生館の代表勝ち)

【小学生高学年】
▽1回戦勝者
高岡練士館(宮崎)佐藤道場A(延岡)原田剣心会(福岡)如水館B(同)日当山剣道(鹿児島)宮崎神武館(宮崎)剣連大野(大分)朱雀館(宮崎)上長飯剣友A(都城)佐伯鶴武会(大分)今宿少剣B(福岡)大津少剣(熊本)坂本道心会(西臼杵)福岡一信館(福岡)福岡神武館(同)直心館(大分)下ノ江少剣(同)陵武館(東諸県)

▽2回戦勝者
大内少剣(大分)玄辰館(福岡)原田剣心会、今宿少剣A(福岡)、日当山剣道、剣連大野、朱雀館、桜丘スポーツ(福岡)、愛媛成武舘(愛媛)末吉武道館(鹿児島)、稲門館A(延岡)杵築少剣(大分)福岡神武館、福岡十生館(福岡)、春風館(同)如水館A(同)

▽3回戦勝者
玄辰館、今宿少剣A、日当山剣道、桜丘スポーツ、愛媛成武舘、稲門館A、福岡十生館、如水館A

▽準々決勝勝者
玄辰館、桜丘スポーツ、稲門館A、如水館A

▽準決勝
桜丘スポーツ2―1玄辰館、如水館A3―0稲門館A

▽決勝
如水館A1―0桜丘スポーツ
石橋・引き分け・天津
田中・引き分け・宮野
森・引き分け・中村
○矢野・ド―・森永
林・引き分け・梶原

【中学生】
▽1回戦勝者
神武館第2(宮崎)門川中(東臼杵)諸塚中(同)佐藤道場B(延岡)久峰中(宮崎)稲門館B(延岡)高岡中(宮崎)東海中(延岡)

▽2回戦勝者
如水館A(福岡)隼人道場(鹿児島)桜丘スポーツ(福岡)稲門館A(延岡)無名塾A(福岡)原田剣心会(熊本)玄辰館(福岡)都城西中(都城)今宿少剣A(福岡)春風館(同)春日聖剣会(同)福岡一信館(同)高岡中、佐藤道場A(延岡)神武館第1(宮崎)如水館B(福岡)

▽3回戦勝者
如水館A、稲門館A、原田剣心会、都城西中、今宿少剣A、福岡一信館、高岡中、如水館B

▽準々決勝勝者
如水館A、都城西中、今宿少剣A、如水館B

▽準決勝
如水館A2―0都城西中、如水館B1―0今宿少剣A

▽決勝
如水館A2―0如水館B
野田・引き分け・萩尾
○菊池反則―内田
金井田・引き分け・溝口
恒松・引き分け・森
○岩松・ココ―・林

【小学生女子】
▽1回戦勝者
無名塾(福岡)錬徳館(大分)佐藤道場(延岡)神武館第2(宮崎)

▽2回戦勝者
菊池白龍館(熊本)都農少剣(児湯)原田剣心会(福岡)朱雀館(宮崎)白虎剣道会(同)神龍舘(大分)玄辰館(福岡)大津少剣(熊本)

▽準々決勝勝者
都農少剣、原田剣心会、神龍舘、大津少剣

▽準決勝
都農少剣2―0原田剣心会、神龍舘1―1大津少剣(神龍舘の本数勝ち)

▽決勝
都農少剣1―1神龍舘
黒木・―メ・河野○
河野真・引き分け・加藤
○河野未・ド―・佐藤
(都農少剣の代表勝ち)

【中学生女子】
▽1回戦勝者
富田中B(児湯)佐藤道場(延岡)富田中A(児湯)日之影少剣(西臼杵)

▽2回戦勝者
今宿少剣(福岡)福岡十生館A(同)陵武館(東諸県)玄辰館(福岡)無名塾(同)高千穂中(西臼杵)諸塚中第1(東臼杵)久峰中(宮崎)

▽準々決勝勝者
今宿少剣、玄辰館、高千穂中、久峰中

▽準決勝
今宿少剣3―0玄辰館、高千穂中1―0久峰中

▽決勝
今宿少剣2―0高千穂中
○徳弘・コド―・下堂薗
徳安・引き分け・戸高
○谷口・メ―・清家


◆敗戦糧に成長誓う−稲門館A

 小学生高学年では稲門館Aチームがベスト4入りし3位入賞を果たした。しかし、準決勝では優勝した如水館Aに0―3で敗北。悔しさで試合後に涙を流す選手もいた。

 興梠舞監督は「如水館の子たちは足の運び、手首の使い方が全然違う。力の差は歴然としていた」と振り返る。

 それでも、最後まで正面から向かって行った子どもたちには「今まで名前を聞いただけでびびっていた相手と正面から戦った。負けん気が次につながる」と期待を込める。悔しい気持ちと、自分たちは強くないという自覚が成長につながるという。

 主将で次鋒(じほう)の児玉美羽も「如水館の選手は打ち込むスピードが速かった。うまいと思った」と実力の差を認め、「この悔しい気持ちを忘れないで、一生懸命練習する。稲門館が〃日本一〃のチームになるように頑張る」と力を込めていた。

その他の記事/過去の記事
page-top