【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡バレエ第20回発表会

本紙掲載日:2018-04-26
7面
発表会を控えた延岡バレエの生徒たち

5月3日、野口記念館

◆「コッペリア」第3幕メーンに

 延岡市別府町のクラシックバレエ教室「延岡バレエ」(小川華代子代表)の第20回発表会は5月3日午後3時30分から同市野口記念館で開かれる。闘病の末に亡くなった創立者前田美津子さん(享年46)の後を小川代表が引き継ぎ、レッスン場でおさらい会を開いていたが、舞台での発表は3年ぶり。ゲスト2人を迎え、「コッペリア」第3幕をメーンに上演する。

 プログラムはオープニング、バレエコンサート、「コッペリア」第3幕より−−の3部構成。「さざんぴあプレバレエ」の生徒4人を含めて、4歳から大人まで21人が出演する。

 ゲストは、牧阿佐美バレヱ団の京當侑一籠(きょうとう・ゆういちろう)さんと高橋万由梨さん。高橋さんは前田さんのめいに当たる。

 バレエコンサートは、作品の中で踊られるバリエーション(独舞)、パ・ド・ドゥ(男女2人の踊り)、小品などを集めたものをいう。ゲストの高橋さんが「眠れる森の美女」より「オーロラのバリエーション」を、延岡バレエの甲斐咲南さん(高校1年)と京當さんが「ジゼル」より「ペザントのグラン・パ・ド・ドゥ」を踊る。

 「コッペリア」(レオ・ドリーブ作曲)は、村娘スワニルダ、青年フランツ、からくり人形コッペリアの〃三角関係〃の物語。第3幕では、仲直りしたスワニルダとフランツが結婚する。今回はその祝宴で踊られる中から「時のワルツ」「祈り」「平和」など6曲を踊る。

 「祈り」は高橋さんのソロ。「平和」では、スワニルダを持原衣吹さん(高校3年)が、フランツを京當さんが演じる。

 持原さんは5歳からバレエを始めて、学生としては今回が最後の舞台となる。「3年ぶりの舞台だから緊張すると思うけど、舞台に立って踊れるという感謝の気持ちを持って踊りたい。まだ課題がたくさんあるので、当日までにもっとレベルアップできるよう頑張ります」と話した。

 小川代表は「コッペリアは、子どもから大人まで見ても楽しく、踊っても楽しい作品です。生徒たちが楽しく踊ってくれて、それが衣吹さんの卒業記念として心に残るものになれば。また、プロとして活躍しているお二人が舞台に花を添えてくださいます」と話し、多くの来場を呼び掛けた。


 延岡バレエは平成6年に前田美津子さんが創立し24年目。前田さんは同27年5月、第19回発表会を終えて23日後に亡くなった。現在の講師は小川代表と福島菜摘さん。牧阿佐美バレエ団の岩本桂さんにも特別指導を受けている。

◇ゲスト
【京當侑一籠さん】
倉林佳代バレエスタジオ出身、AMスチューデンツ第21期生。1997年牧阿佐美バレエ団入団。翌年、全国舞踊コンクールジュニアの部1位。99年橘バレエ学校卒業。2002年から05年までドイツのザクセン州立シアターゲルリッツに所属し、「ジゼル」「くるみ割り人形」などで主演を務める。帰国後、牧阿佐美バレエ団公演「くるみ割り人形」で主役デビュー。13年、京當バレエアーツ主宰講師に就任。

【高橋万由梨さん】
斉藤聡美クラシックバレエ出身、AMスチューデンツ第28期生。2007年日本ジュニアバレエ入会。13年牧阿佐美バレエ塾に入塾。ロシア国立クレムリン宮殿で開かれた国際バレエフェスティバルに参加。ロシア国立モスクワ・クラシックバレエ「白鳥の湖」日本公演に出演。14年、ジャパン・ダンス・コンペティション高校生の部第2位。15年、「プレミアム・ダンス・ガラ」に出演。17年、NHKバレエの饗宴出演。

その他の記事/過去の記事
page-top