【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

五ケ瀬高千穂道2100万円

本紙掲載日:2018-04-26
3面

30年度直轄事業で国交省

◆事業計画−負担額を知事に通知

 国土交通省九州地方整備局(増田博行局長)は24日、平成30年度国の当初予算に係る直轄事業の事業計画と地方負担額を河野俊嗣知事に通知した。宮崎県における河川、道路、公園、港湾、空港関係の国の負担基本額は276億8393万8000円。うち地方負担額は60億3355万6000円。

 同局延岡河川国道事務所管内では、国道218号五ケ瀬高千穂道路(全体事業費470億円)の今年度予算9000万円のうち、負担額2100万円。五ケ瀬IC―高千穂IC(9・2キロ)間の調査設計を行う。

 同高千穂日之影道路(全体事業費248億円)の今年度予算34億4400万円のうち、地方負担額8億360万円。用地取得率約100%、事業進捗(しんちょく)率約79%。末市交差点―深角IC(2・8キロ)は今年度中開通予定。深角IC―七折交差点(2・3キロ)は未定。

 国道10号門川日向拡幅(全体事業費314億円)の今年度予算4億2000万円のうち、地方負担額9800万円。用地取得率約94%、事業進捗率約91%。日向市長江交差点―木原交差点(延長1・2キロ)、赤岩川―大字平岩(300メートル)の調査設計、用地買収、財光寺地区改良工事などを行う。

 国道10号交通安全対策(桜園交差点改良、出北交差点改良=延岡市、中須交差点改良、南町南交差点改良=門川町、新生町交差点改良=日向市など)。地方負担額5400万円。

 一方、河川関係は、五ケ瀬川改修(全体事業費280億円)の今年度事業費6億3600万円のうち、地方負担額1億4840万円。松山地区の河道掘削(5000立方メートル)、天下地区の防災ステーション整備(33年度完成予定)、中の瀬地区のゲート高速化など。

 このほか、五ケ瀬川河川工作物関連応急対策事業費(古川排水機場設備機能改善、川島排水機場設備機能改善=30年度完成予定)7500万円のうち、地方負担額1750万円。

 総合水系環境整備事業費(川中地区高水敷整備)4010万円のうち、地方負担額2005万円。

 港湾関係では、細島港の外港地区防波堤整備事業・南沖防波堤(延長600メートル)10億7400万円のうち、地方負担額3億9469万5000円。基礎捨石2万2300立方メートル、消波ブロック製作411個、消波ブロック据え付け430個、上部工54メートルなどを行い、30年度後半完成予定。

その他の記事/過去の記事
page-top